よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS トンキチの京の夏旅1(祇園祭・宵山)

<<   作成日時 : 2016/07/19 11:31   >>

ナイス ブログ気持玉 213 / トラックバック 0 / コメント 14

 平成28年7月15日、連れ合いと祇園祭の宵山で賑わう京都市内へ一泊旅行に出かけた。
 JR加古川駅から新快速・長浜行に乗り、少しうとうとしていると、14時29分京都駅に到着した。
画像

画像

 今年になって京都駅から梅小路公園までの徒歩ルートに設置されたモニュメントの一つ。
 これは京都市立芸大生デザインの7100形(義経号)蒸気機関車。
画像

 京都駅前のシンボル「京都タワー」。
画像

 四条河原町のホテルをネット予約しており、まず同ホテルに向かうことにした。
 バスに乗るのが賢明だったろうが、お互いに歩いてもいいモードだったので、四条河原町まで歩くことにした。
 取りあえず烏丸七条のすき家に入り、牛あいがけカレー健康セットというのを食べ、遅い昼食を済ませた。
 15時23分、七条河原町から河原町通りを北上。
画像

 国の名勝「渉成園」(東本願寺の飛地境内)の広さを物語る土塀沿いを歩く。
 平安時代の庭園を思わせる風雅な趣があるといい、京都駅から近いので、またいずれ行ってみたい。
画像

画像

 15時38分、河原町五条に到着した。五条通りは国道1号線が通っていた。
画像

 河原町通りから寺町通りに入り上がって行く。
画像

 京町家造りの民家があった。
画像

 寺町通りというだけに寺院が多かった。
 どこの店だったか、たぶん酒屋だろうが、杉玉が吊るされていたので、これを撮ると電池切れになった。
 面倒くさがりの性分が出て、ホテルに入るまで撮影を中止した。
 だったらもう写真撮影をやめればという声が聞こえそうだが、これを機にまめになろうと反省した。
画像

 16時頃チェックインし、8階になるツインルームで寛いでいたら、アッという間に時間が過ぎた。
 本来なら、西国霊場の六波羅蜜寺か、新西国霊場の誓願寺に行ってみたかったが、時間的余裕がなくなったので、翌日誓願寺に行くことにし、ぶらり街歩きに出ることにした。
 ちょうど祇園祭の宵山だったので、八坂神社に行っておけばよかったなと思ったが後の祭りだった。
 祇園祭は日本三大祭りの一つで、疫病退散を祈願する八坂神社の祭礼だ。
 「後の祭り」について、祇園祭では前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)が行われ、そこから出た言葉のようだ。
 17時過ぎ、ホテルを出た。四条通りに面したホテルの1階はスターバックスコーヒーだった。
画像

 河原町通りを上がって行くと、提灯の灯りが祭り情緒を漂わせていた。
画像

 ほどなく「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地」(近江屋跡)という石碑が現れた。
 慶応3年(1867年)11月15日、近江屋で会談中の2人が襲撃され、龍馬は絶命、中岡も2日後にこの世を去ったという歴史的な大事件がここで起き、それからもう150年になろうとしている。
画像

 蛸薬師通りで西に入り、新京極通りを北に上がる。
画像

 誠心院は、平安時代の女流歌人和泉式部を初代住職とするという。境内には役行者の像が祀ってあった。
画像

画像

 寺町三条には創業明治6年のすき焼の老舗三嶋亭があり、京町家造りの店構えが目を惹きつける。
画像

 三条通りから御幸町通りを下ると、町家ごはんのここら屋があった。
 築120年の古民家をそのまま使っているといい、瓦屋根の上には魔除けの「鍾馗さん」が載っていた。
画像

 昨年9月以来の錦市場に入り、ブラブラと西へ向かう。
 この市場は約390mにわたって130もの店が並んでおり、江戸時代から続く京都の台所だった。
画像

 連れ合いがひやしあめを飲もうというので一緒に飲んでみるとサッパリして美味しかった。
 京都らしく、Ginger Drink 「HIYASHIAME」 It is a traditional summer drink of Kyotoと書かれていた。
画像

 別の店では杵と石臼で昔ながらの餅つきが行われていた。
画像

 京都と言えば漬物も有名。別の漬物屋でゴーヤのレモン漬を味見すると美味かった。
画像

 昨年9月に来た時に、丹山酒造の「人生フルスイング」という純米吟醸のワンカップを買ったのだが、今回はシャンパンを思わせる純米微発泡酒を買い、歩きながら飲んだ。口当たりのいい飲みやすいお酒だった。
画像

 錦市場を過ぎ、大丸京都店に寄った後、東洞院通りを下がった。
 18時27分頃、四条通りに出ると道路全面歩行者天国になっており、祇園祭の宵山が繰り広げられていた。
 長刀鉾(なぎなたほこ)の提灯の灯がやさしく光っていた。
画像

画像

画像

画像

 四条通りは人出が多く、一部区間は道路中央に設置されたフェンスで規制され、片側一方通行になっていた。
画像

 四条烏丸付近。
画像

 西の方にも出ている山鉾を見に行こうとゆっくりと歩を進めた。
画像

 函谷鉾(かんこほこ)。
画像

画像

画像

 祇園祭・宵山の夜、京都の街はいつにも増して国際色豊かだった。
画像

 翌朝、ホテルを出て四条通を眺めたとき、ゴミ一つ落ちていないのにビックリしたのだが、それもこうしたボランティアの方々の尽力の賜物だと感じた。
画像

 これは月鉾(つきほこ)で、大人が乗って笛を吹いていた。
画像

画像

画像

 さらに西に向かった。
画像

 東を振り返る。
画像

 これが郭巨山(かっきょやま)。
画像

画像

 これが四条傘鉾(しじょうかさほこ)。
画像

 ここでは子供たちが舞を披露したのでしばらく眺めていた。
画像

 19時を過ぎ、もうこの油小路通りの辺で、Uターンすることにした。
 膏薬辻子(こうやくのずし)。
画像

 暮れなずむ四条通り(東向き)の雑踏。
画像

 四条通りから室町通りに上がると、菊水鉾(きくすいぼこ)。
画像

画像

 露店も多く出ていて、女子プロ野球・京都フローラの選手もかき氷を売っていた。
画像

 錦市場を今度は反対向きに歩き、20時15分、錦天満宮に差し掛かるとまだ賑わっていた。
画像

 夕食は、錦小路通りのラーメン屋に目をつけていたのだが、待っている客が多かったので別の店を探すことにし、もう一軒目をつけていた蛸薬師通りのラーメン屋ももっと列が長かったので諦めた。
 結局、ホテル近くまで戻り、「どんぐり四条河原町店」というお好み焼店に入り、遅い夕食をとった。
 同店に入ったのが20時半頃ではなかったかと思うので、ホテルを出て約3時間半歩き回っていたことになる。
 そう言えば夕食の店に向かう途中、連れ合いが薬局でエアーサロンパスを買っていた。
 それまで足のことを言わなかったので、決して痛めていたことを忘れていたわけではなかったが、途中で休憩すればよかったと思った。
 ホテルに戻り浴衣に着替えると、トンキチくんはシャワーも浴びず、翌朝まで眠り込んでしまったとさ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 213
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

まだ梅雨は明けないと言ってたのに、突然明けましたね。
いよいよ夏本番です。
セミがジャンジャン鳴いてます。
でも今週末、戻り梅雨があるかもっていってますがどうなんでしょうか。

祇園祭りの京都に旅行ですか。
いいですね〜。
私は京都って友達も何人かいるし、近いので泊まったことないんですよね。
一度、大人の京都で泊まりたいです。
トトパパ
2016/07/19 11:35
宵山・・水あめ、トンチキチンのそぞろ歩き、いいなぁ〜。あ、コンチキチンだったかな?
いつもいい旅しますね。京都での一泊は、電車で帰ればすぐだからとの考えから全く頭にありませんでした。早起きしてジョギングすればサイコーとも思い浮かびました。
雲行
2016/07/19 12:30
トトパパさん、こんにちは。
梅雨明け宣言、唐突でしたのでちょっとビックリです。
でも、いよいよ本格的な夏の到来です。
私も京都市内に泊まるのはたぶん初めてではないかと思います。
近場ですが、旅行気分が味わえ、実際まだ訪ねたことがないところがたくさんあります。
また、行きたいと思います。
トンキチ
2016/07/19 12:33
雲行さん、こんにちは。
京の夏、日本の夏…。
祇園祭・宵山、風情がありますね。
また、後日、夏旅の続きを書きます。
トンキチ
2016/07/19 13:04
奥様足大丈夫かしら
トンキチくんバタンキュー
だったのですね
本当にご一緒したように楽しめました
純米微発泡酒も美味しそう♪
ジュン
2016/07/19 16:07
奥様と一泊で祇園祭〜京都観光とは、豪華ですね。

一泊なので気が緩んで充電して無かったのですね。
私は大体日帰りですが、帰宅後全てのデータをPCにコピー後、消去し、バッテリーをフル充電します。
次が10日後であっても、コンデジで300枚、一眼だとその3倍以上撮影できます。
ブログ用なので撮影時の画像サイズを調整してですが。
機種によって違うでしょうけど、最近のカメラは予備のバッテリーが不要なんです。

祇園祭の宵山なのに後の祭りになってしまいましたか^^)
三条通りから御幸町通りの紹介がいいですね。
ひやしあめを英文で紹介するとは、成程です。
以前、哲学の道を仲間と歩いていた時、レンタサイクルが行き交う状態になり、英語、ドイツ語、中国語が飛び交っていました。

純米微発泡酒ですか。
トンキチさんのイメージで調べると
「春鹿 微発泡純米酒」が出てきました。
「瓶内二次発酵によって生まれる繊細な泡 シャンパンを思わせる発泡純米酒です。
ほのかに甘くてアルコール分7%台です。」とありましたが、違いますか?

長刀鉾の周りは凄い人で撮影が難しいと思いますが、周囲がビルだらけで、これも撮影の邪魔だと思います。
子供たちの舞がいですね。見た事無いです。
菊水鉾は馴染みの名なので調べると、町内に古くからあった井戸、菊水井にちなんで名付けられたとあります。
豪華な感じですね。

時間が経過して、提灯が明るく鮮やかになっていって、同行した気分になりました。
アルクノ
2016/07/19 17:55
京都の旅、奥様と素敵ですね!
15年以上も前でしょうか、奈良に知り合いが
いたので家族で行ってきましたが
もう一度行きたいと思いながら
年月が(笑)
風情がありますね。
祇園祭りも行われて思い出になりますね。
とわ
2016/07/19 18:00
ジュンさん、こんにちは。
奥さんの足は大丈夫みたいですよ。
トンキチくんは疲れが出て爆睡しました。
ホッとしたんでしょう。

純米微発泡酒も美味しそう♪
トンキチ
2016/07/19 18:22
アルクノさん、こんばんは。
京都に一泊して、祇園祭〜京都観光とは、豪華ですか?
そう思ってもらえれば、京都に行った甲斐がありました。
でも、実際のところはビジホに泊まり、夕食もお好み焼で、昼特切符で往復しますので、質素な旅行でした。

カメラのバッテリーは、予備があるので切れたらその場で交換すればいいだけなんですがね。
私はできる限り電池を最後まで使い切るようにしています。
なので、今回のようなことが起きます。
でも、アルクノさんの方法を参考に、ちょっとやり方を改善します。(^.^)

ひやしあめ、生姜ドリンクなんですよね。
ジンジャーとあって、ピンときました。
冬場に飲む生姜湯のサラッと冷たくした飲みやすい判ですね。
夏らしく、元気が出そうないい飲み物だと思います。

純米微発泡酒、たしかに甘くて、アルコール分も低く、これならいくらでも進みそうです。
瓶内で二次発酵することで、あの味になるんでしょうか。
店では瓶からあのコップに注いでくれました。

長刀鉾に限らず、鉾の周りは凄い人で撮影ポジションが選べませんでした。
プロのカメラマンは脚立を持参しており、こういう雑踏では威力を発揮するなと思いました。

山鉾は「動く美術館」と言われるほど、豪華絢爛ですが、菊水鉾は間近に見ることができ、まさしくその通り豪華でした。

祇園祭は夏の風物詩として日本を代表する祭りですが、雅びやかさがあり、いいなと思いました。
トンキチ
2016/07/19 21:32
とわさん、こんばんは。
連れ合いと京都の夏を楽しんできました!
市内に泊まったのは初めてだと思います。
京都の夏は祇園祭など風情がありますね。
いい思い出になると思います。
トンキチ
2016/07/19 21:43
祇園祭の宵山に合わせて京都で一泊なんて素適ですね。(^^)
家からは、阪急や京阪で京都は通勤圏内なので、宿泊って考えた事はないですが、嵐山辺りで宿泊してみたいなぁ…なんてのは思ってます。
祇園祭は、数年前に行ったのが最後ですけど、いつ行っても、人、人、人…の記憶ばかり。(^^ゞ
夕暮れから夜に変わり、山鉾の提灯が浮かび上がって、とっても綺麗で幻想的なんですが、とにかく、人、人、人…の記憶が先走ってます。(^^ゞ
写真を見てると、暗くなるに従って、人がどんどん増えていってますね。
広い四条通りが歩行者天国ですもんね。
これだけでも、祇園祭の歴史と規模の凄さを実感させられてしまいます。
祇園祭では、山鉾だけでなく、各家の展示も、鑑定団に出したら高値が付くのでは?と思える品々に京都の歴史の古さを感じられます。

今年設置された蒸気機関車のモニュメントは、京都鉄道博物館の為なんでしょうね。
ここも、行ってみたいと思ってます。
京都は近いんで…
と思っていると、なかなか、行けてませんが。
京都といえば、水族館も話題ですね。(^^)

錦市場の方の商店街は、歩くだけでも楽しいです。
「ひやしあめ」が、未だ飲めるっていうのも京都らしいですね。
子供の頃は、家の近くでも売ってて、よく飲みましたが、もう、なかなか見かけなくなりました。
この商店街には、「ロンドン焼」のお店もありましたね。

JR京都駅から四条河原町のホテルまで歩き、チェックイン後、そこから本格的に散策。
奥様がエアーサロンパスをお求めになった気持ちもよく解ります。
トンキチさんは、シャワーも浴びず…
かなり歩かれたんですね。(^^)
yoppy702
2016/07/23 17:49
yoppyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。\(^o^)/
先日は祇園祭の宵山に合わせて京都に行った訳ではなく、たまたまそうなっただけなんです。
京都なら旅行気分が味わえますし、一泊すればなおさらなので、苦肉の策みたいなもんです。
よく知りませんが嵐山辺りで宿泊とは贅沢の極みでは?高級そうなイメージしかわきません。
祇園祭は、人、人、人…でしたが、押し合いへし合いといった状況でもなく、何とか許容範囲だったように思います。
山鉾の提灯が京都の夜に浮かび上がり、綺麗で幻想的でした。あのお囃子が優雅です。
四条通りが歩行者天国になり、人は多くても車道を歩けるのは気分いいものです。
京都市街には祇園祭の歴史と伝統が根付いてますね。パワーが感じられました。
今年設置された蒸気機関車のモニュメントは、京都駅前から京都鉄道博物館への誘導のためのものですね。
トンキチくんも、ここにはまた行ってみたいと思っています。
水族館も話題だそうですが、これは全くノーマークでした。どんな施設かまた調べてみます。
他にもまだ行ったことのない社寺も多く、行き先に悩めば京都が解決してくれそうです。
錦市場の方の商店街は、歩くだけでも楽しく、「ひやしあめ」って死語かと思っていました。
夏バテ防止、疲労回復に効果がありそうです。
「ロンドン焼」のお店は気づきませんでした。
調べてみると、京都土産として人気があるそうで、1個50円とのこと。
次、必ず味見しようと思います。(^_^)v
JR京都駅から四条河原町のホテルまで歩き、チェックイン後、そこから本格的に散策し、この暑い時期の街歩きも結構たいへんでした。
夜バタンキューでしたが、翌朝のシャワーが爽快でした。
トンキチ
2016/07/24 12:12
懐かしい母の故郷の京都、行先の地名が懐かしく、五条から国道9号線に乗って下ると小さいころよく行っていたおじいさんの家がありました。京都駅から四条まで、よく歩かれましたね蒸し暑かっただろうにご苦労さんでした。懐かしい画像も嬉しかったです
ミックン
2016/07/24 20:26
ミックンさん、こんにちは。
お母様の故郷が京都とは、いい故郷をお持ちです。
京都の町は、新しくなっても、古き伝統を失わないように思います。
こんなところに住んでみたかったなぁ。
また歩きに行きたい所です。
トンキチ
2016/07/25 13:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンキチの京の夏旅1(祇園祭・宵山)  よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる