よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 高野三山(摩尼山・楊柳山・転軸山)めぐり 後編

<<   作成日時 : 2016/08/20 18:33   >>

ナイス ブログ気持玉 172 / トラックバック 0 / コメント 10

 摩尼峠から摩尼山まで、嫌になるほど急な坂道が続いた。

画像


 道中の状況について、次の高野三山巡りマップに基づいたポイントで説明するので参考にしてほしい。

 (※ クリック、クリックで拡大されます!)

画像


 11時35分、ようやく最初の摩尼山(ポイント㉜)に到着。

 この山頂の祠には如意輪観世音菩薩が祀られていた。

画像


 前に書いたとおり全く展望はないものの、三山の中で一番落ち着く頂上で、虫も飛んでいなかったことから、ここで昼食にすればよかったと後から思った。

画像


画像


 当時は主峰の楊柳山で昼食にするつもりでおり、摩尼山を後にした。

 摩尼山までの道と違って歩きやすい尾根道が続き、長い下り坂の後、12時頃に黒河峠(ポイント㉝)に着いた。

画像


画像


画像


画像


 この峠には、桜地蔵が祀られていた。

画像


 楊柳山に向かってしばらく歩き、ザックを下ろして水分とカロリー補給の小休止をとった。

画像


画像


 また登りが始まり、足がつりそうな感覚がし始めたため、ストレッチ的に殊更ゆっくりと歩くことに心がけた。

画像


 12時半に二山目の楊柳山(ポイント㉞)に到着。

 ここは標高1008mで、高野山の最高峰になるという。

画像


画像


画像


 楊柳観世音菩薩が祀られた祠があり、そばに「天保五年」と刻まれた石碑があった。

画像


 本来ならこの山頂で昼食休憩にしたかったが、それまでいなかった一匹の黄色い蜂が警戒し、まとわりつくように飛んできたため断念せざるを得ず、楊柳山を下りて先に進むことにした。

 その途端、立派なブナの木があるのに気づいた。

画像


 植林帯を下って行く。

画像


 12時38分、何か所か三本杉への分岐点があったが、この分岐はポイント㉟地点とされていた。

画像


 三山目の転軸山に向かう途中、先の三本杉への分岐点(ポイント㉟)と次のポイント㊱の子継峠までの坂道の下りで昼食をとった。

 その最中、あの黄色い蜂が波状攻撃するように至近距離まで何度も飛んできたので、刺されるのを覚悟しながら、声をあげたりもしてこちらも威嚇した。

 おにぎり3個とちょっとしたおかずだけの弁当だったが、開き直って完食しシャリバテを防いだ。

 食べ終わった頃、後方から来た1人の男性が追い越して行ったので、その後を追った。

画像


画像


 楊柳山からアップダウンを繰り返し、13時13分、ポイント㊱の子継峠(子継地蔵)に到着。

 ここは黒河道と交わる峠で、右手に向かえば橋本に至る道のようだった。

画像


画像


画像


画像


 転軸山方面に向かって峠を下って行き、何度か木橋で沢を越えた。

画像


画像


 13時25分にポイント㊲、その1分後のポイント㊳からも三本杉に向かえるようで、ここから転軸山まで1.2kmとされていた。

画像


 平坦な道になり、ポイント㊴でも三本杉への分岐があった。

画像


画像


画像


 ポイント㊵の一本杉には気づかなかった。

 後から思うに、注意力が減退し、疲れが出てきていたに違いなかった。

画像


 13時35分、車道に出たが、すぐに転軸山への登り口(ポイント㊶)が現れた。

画像


画像


 階段状の急坂や木の根の道を登り、深い樹林に覆われた道をゆっくりと登って行く。

画像


画像


 13時54分、弥勒菩薩が祀られた転軸山に到着。

画像


 この山頂(ポイント㊷)では先の男性と女性5人グループが休憩中だったので、長居無用と先に進んだ。

 これでやっと三山の頂を踏んだが、道中も含め展望がない山歩きは気分的にしんどかった。

画像


画像


 女人堂本面に歩き、14時01分ポイント㊸。14時07分ポイント㊹。14時18分ポイント㊺。

画像


画像


画像


画像


 14時24分、高野山中之橋霊園という墓所に着いた。

画像


 朝、奥の院への参道を歩いていて、中之橋霊園という案内表示があったように思い、ここから一の橋や奥の院に行けるという確信が湧き、同霊園の中を進んで行ったら、思い通り奥の院への表示が現れた。

画像


 鬱蒼とした樹林の下、石畳を踏みながら進んで行くと、14時34分無事に奥の院参道に合流したので一の橋に向かった。

画像


画像


画像


 まだ続きを書きたかったが、制限にひっかかるのでやむを得ず、「高野三山めぐり」はこれにて終了。

 長文記事に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 172
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

高野山に行かれたんですね!
奥の院、凄いところですよね。
私もこのGWに行って来ました。
感動しました。
金剛峰寺も素晴らしかったです。
歩かれたんですね。
暑くはなかったですか。
山の上は夏でも涼しいんですよね。
めっちゃいい感じの道ですね。
楽しそうですね。
トトパパ
2016/08/20 19:55
トトパパさん、こんばんは。
高野山の奥の院や金剛峯寺、素晴らしいですね。
三山はアップダウンを繰り返し、しんどかったですが、気温は平地より5〜6度涼しかったはずです。
単独山行を楽しんできましたよ!(^^)!
トンキチ
2016/08/20 20:05
高野山と言えば、若い頃に友人と精進料理を食べる為冬に1泊した事、夏に観光で避暑に出かけたくらいで、山巡りをする発想は全然なかったです。
それを単独で・・、凄いです。
展望が無いので曇っていてもOKなんですね。
次の山が見えない、と思ってしまいますが、森が茂っているので標識が頼りでした。
墓が並ぶところと前半の終わり辺りまで歩いた記憶があります。

さて、未知の後半です。
摩尼山が一番落ち着ける場所というのは、広くて寝っ転べるからでしょうか。
1004mで小数点が無く、三角点が無い山です。

分岐に番号と行先表示があり、この高野三山巡りマップを持参すれば万全だと思いました。
このマップは、前編の「御廟を出ると、三山巡り参詣道の石碑前を通ってきよめ橋を渡った。」所から出てきますが、そこで入手したのですか?

長い下りの後の登りは足に負担がかかりますね。
私も菊水山から下って、鍋蓋への登りで足がビクビクとなった事があります。

楊柳山は標高1008.5mで、三等三角点があるみたいですけど、札は1009mになっていますね。三角点ありませんでしたか。
私は目立つところに無ければ大抵無視してますが。
この昼食予定場所を蜂に追い出されましたか。

山頂やポイントに祠があり、山を巡りながらお参りする順路なんですね。
それにしても再度食事場所まで追って来る黄色い蜂はしつこいですね。
黒い帽子はヤバイですが、白っぽい帽子の着用でしたか?

5人グループも蜂に追われたのか、転軸山で遅い昼食ですね。
ここも915mで三角点は無しでした。

実際は汗だくだと思いますが、巡礼の道の様な厳かな雰囲気を感じました。
アップダウンの山歩き、お疲れ様でした。
アルクノ
2016/08/20 23:06
おはようございます。
高野山に行かれたんですね。私は高野山はクルマで行って周辺を散策した後は、高野竜神スカイラインをドライブして帰るのが定番だったのですがトレッキングコースもあるんですね。
標高が1000メートルだと市街地と違って涼しいんでしょうね(^^)
緑がとてもきれいですが、秋になれば紅葉もまた素晴らしい所のようですね。

それに鉄道好きの私としては南海高野線の橋本ー極楽橋間は山岳路線として興味がある区間でもあります(笑)
narayama2008
2016/08/21 07:30
アルクノさん、おはようございます。
高野三山巡り、なかなか面白かったです。
展望がないのが残念でしたが、展望がない故、天気は曇っていてもOKです。

一の橋からの奥之院参道は、一番高野山らしい場所ですから、ここはぜひとも歩きたかったところです。三山めぐりのウォーミングアップにもなりますし。

摩尼山が一番落ち着ける場所というのは、三山を歩いた結果で、他の二山が蜂や人に占領されていたからという単純な理由からでした。

この道中、随所に道標があり、ポイントが明確にされていますので、道迷いの心配はありません。
マップはインターネットで入手したものです。
調べれば、地図パンフはあると思います。

楊柳山の前後で、足がつりそうになったのでスローペースで歩き、転軸山を下る頃には普通の状態に戻っていました。

原因は分かりませんが、そうなってからスポーツドリンクを飲んで塩分補給したのがよかったと思います。

楊柳山は標高1008.5mで、三等三角点があるようですが、歩いているとき三角点のことは念頭になく、認識できませんでした。
あの憎い黄色い蜂のせいで、楊柳山の頂上でゆっくりする余裕がなかったのです。

三山めぐりのコースは、山頂や峠などのポイントに祠があり、昔高野山が女人禁制の頃、山を巡りながらお参りした信仰の道でした。

それにしても再度食事場所まで追って来る黄色い蜂はしつこく、嫌になりました。
黒い帽子や衣類がヤバイのは承知していますが、緑色の帽子の着用でした。

涼しかったとはいえ、一の橋から奥之院、三山を歩いて、また一の橋に戻るコースで、結構骨が折れました。
トンキチ
2016/08/21 09:34
narayamaさん、おはようございます。

私もソロツーリングで高野山に寄った後、スカイラインを走り、龍神温泉で一風呂浴びたりして素晴らしいコースに堪能しました。

三山めぐりは展望がないことを知っていましたので、一度歩きたいとは思っていましたが、なかなか腰が上がりませんでした。
でも、気持ちのいい山歩きになりました。
標高が1000メートルあり、市街地と違って涼しいのは間違いなく、ただ歩けば汗でグショグショになりましたが。

緑がとてもきれいで、紅葉時期もまた素晴らしい所だと思います。
観光とセットにすれば、いい山旅になりますよ。
あの山岳路線ですが、地元の人に怒られるかも知れませんが、なんであんな山の中にいくつも駅があるのか不思議でした。
トンキチ
2016/08/21 09:54
高野山
話では聞きますが
拝読させて頂沢山の事がわかり
楽しませて頂きました
とっても詳しい説明
楽しく素晴らしかったです
ジュン
2016/08/21 16:25
ジュンさん、こんばんは。
高野山は弘法大師空海入定の地です。
奥之院の燈籠堂・弘法大師御廟は写真撮影厳禁とされておりました。
清浄な気持ちになる場所です。
トンキチ
2016/08/21 20:40
高野三山、行ってみたいと思ってるんです。
でも、高野山って、結構遠いので、二の足を踏んでたんですが、トンキチさんが、高野山駅まで、片道4時間も掛けて行かれたんやから、こりゃー行かなきゃ…と思いました。
なんせ、南海電車・難波駅まで、家からですと、徒歩10分程なんで。(^^ゞ
行く事になれば、トンキチさんの、この記事を参考にしたいと思います。
高野山に行ったのは、高校の時の修養行事なので…45年程前です。(^^ゞ
観光ではなかったので、全然、記憶がありません。

全行程、眺望が良くないとの事なので、標高と合わせて、かなり涼しい感じですね。
雪の時期が良いらしいですが、夏場に暑い六甲を歩く事を考えれば、この時期は良さそうですね。

歩き終えて、摩尼山山頂が一番落ち着く頂上でしたか。
φ(..)メモメモ
ボクのガイドブックによると、摩尼山を下りて10分程で、左前方に、楊柳山が見えてくると書かれてますが、今回は、どうでしたか?
黒河峠の手前らしいです。

楊柳山山頂では、黄色い蜂が警戒!
キイロスズメバチですか!?
やったら、ヤバイですね。

エッ、そのハチが至近距離まで飛んできて、トンキチさんが声をあげて威嚇したんですか!\(◎o◎)/
トンキチさん、スゴイ!(^^)

楊柳山から転軸山へは、そんなにアップダウンはなさそうな感じですが、実際は、どうでしたでしょうか?
帰路も、「奥の院」のバス停じゃなく、「一の橋」に出られたのですね。
ボクやったら、きっと、奥の院の休憩所で、酸っぱい炭酸系をガブ飲みしてたでしょうね。(^^ゞ
いやぁ〜とっても、参考になりました。
「高野三山めぐり」、お疲れ様でした。(^^)
yoppy702
2016/08/24 18:11
yoppyさん、こんばんは。
yoppyさんも高野三山に行ってみたいのですか。
私もそう思い始めてから、先日実行するまでに数年かかりました。やっぱり遠いですもんね。
でも、高野山駅まで片道4時間もかかりましたけど、今は電車の中が一番涼しいので、居眠りしてたらすぐ時間が過ぎました。
南海難波駅まで徒歩10分程のyoppyさんなら、高野山はすぐじゃありませんか。
南海1本で行けるので、バスも含めお得な切符があるかも知れませんね。
最近大阪も猛暑なので、高野山は絶好の避暑地になりますよ。
行く事になれば、高野三山巡りマップはネットで出ますので、参考にされたらと思います。
全行程、眺望はなかったと思います。
雪の頃も風情があっていいでしょうが、摩尼山と楊柳山は千m峰で、転軸山が六甲最高峰とほぼ同じ標高ですので、涼しいです。
摩尼山山頂が一番落ち着く頂上と書きましたが、実際、先を急いでおり、落ち着くどころではなかったです。
どの頂上もよく似た雰囲気で、一番広かったのは楊柳山でしたね。あの蜂さえいなければ、楊柳山の頂上で寛いだのですがね。
yoppyさんのガイドブックでは、摩尼山を下りて10分程で、左前方に楊柳山が見えてくると書かれてるそうですが、今回気づきませんでした。
摩尼山を出発し黒河峠まで約20枚写真を撮りましたが、楊柳山が写ったのはありません。
楊柳山山頂で見た黄色い蜂は、キイロスズメバチではないと思いました。襲われるかも知れないので、写真も撮りませんでした。
声を上げて威嚇したというとカッコいいですが、ボヤキ声を上げたようなもんです。^_^;
楊柳山から転軸山へは、極端なアップダウンではありませんでした。
帰路は「奥の院」のバス停じゃなく、「一の橋」に出たのは、転軸山頂上の道標に「奥の院✖」と書かれており、安全策をとりました。
トンキチ
2016/08/24 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
高野三山(摩尼山・楊柳山・転軸山)めぐり 後編 よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる