よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧国鉄福知山線の廃線跡ハイキング

<<   作成日時 : 2016/12/10 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 209 / トラックバック 0 / コメント 28

 釈迦岳リベンジツーリングで九州に向かう前々日の12月4日、所属する登山部の例会に参加し、武庫川峡谷に沿う旧国鉄福知山線廃線跡を歩いた。

 武庫川峡谷の迫力もさることながら、レールこそ取り外されているものの、鉄橋やトンネル、枕木もそのままで、廃線の敷地をハイキングコースとして公開してくれたJRに拍手を送りたい。

画像


画像


 12月4日9時08分、JR福知山線(宝塚線)の生瀬駅に遅れていた2人が合流し、総勢16人で出発した。

画像


 この日は生瀬駅から武田尾駅までの間を歩く計画で、同駅を出て武庫川沿いの国道176号線を歩き始めた。

画像


 大多田橋交差点、中国自動車道の高架を過ぎ、紅葉に彩られた山を眺めつつ、武庫川峡谷に向かった。

画像


 兵庫県宝塚土木事務所が、環境調査の一環として、種から育てた武庫川峡谷の植物を植栽するビオトープがあったので、ちょっとだけ見学した。

画像


 ほどなく、トンキチ個人としては初めてとなる福知山線廃線跡の入口に到着した。

 JR西日本の職員らしき人物が、カウンターを手にしてハイカーの人数を調査しており、同所に大きな注意看板も立てられていた。

画像


 この廃線跡の宝塚市側は、同市が管理して遊歩道として整備されていたようだが、西宮市側はJR私有地として公には通行できなかったとのこと。

 ようやく、この秋になって、初めてハイキングコースとして開放されたということだった。

 さあ、それでは福知山線廃線跡を歩いていく。

画像


画像


画像


画像


画像


 再三にわたる注意看板が目についた。

画像


 おっ、Kさんの後姿が心なしかスマートに見えるではないか。

画像


 この辺りは巨岩がゴロゴロし、水が岩にぶつかり、激流をつくっている。

画像


 9時44分、最初のトンネル(便宜上、トンネル1と呼ぶ。以下順に番号を振る。)にさしかかり、ここで小休止した。

画像


 歩いてきた道を振り返った。

画像


 トンネル内は当然真っ暗闇なので、懐中電灯やヘッドランプが必携品だった。

画像


画像


画像


画像


 武庫川のイメージとはかけ離れた佇まいに感じられた。

画像


 線路の枕木が残っていた。

画像


 いい眺めが続いた。

画像


 高木の鮮やかな黄葉

画像


 トンネル2

画像


画像


画像


画像


画像


 トンネル3に向かうが、武田尾側からも結構な数のハイカーが対向し始めた。

画像


 トンネル3を抜けると鉄橋が出現した。

画像


 10時半。ここで集合写真を撮った。

画像


画像


 トンネル4

画像


画像


画像


画像


画像


 何の芽か知らないが、かわいらしいのが紅葉していた。

画像


 この辺りまで来ると、武庫川の流れは穏やかだった。

画像


 10時46分 武田尾駅まであと1600mだ。

画像


 散り紅葉を踏みしめて歩く会長。

画像


画像


 武田尾は桜の名所でもあるようだ。

画像


 散り紅葉を踏みしめて歩くKさんたち。

画像


 トンネル5

画像


画像


 最後のトンネル6

画像


画像


画像


 武田尾温泉への進入路となる橋に着いた。武田尾駅はもうすぐだった。

 手前側にトイレもあり、この橋を渡った付近で、武庫川を眺めながら昼食をとった。

 11時20分頃になっていた。

画像


画像


画像


 昼食後、解散となり、トンキチは九州行きの準備等もあり、武田尾駅から直帰したが、多数の会員はここから折り返し、生瀬まで来た道を戻ったという。

 武田尾駅のホームは、ほとんどがトンネル内だった。

画像


 最後に、廃線跡を歩いているとき、会長と話していると、もうこのコースは5、6回になるというが、夏場はよくヘビが出るということで、真っ暗なトンネル内に潜んでいたこともあったという。

 この話を聞いて、ヘビが出そうな夏場は絶対にここを歩かないことに決めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 209
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなハイキングコースがあるんですか
峡谷。。。なかなか良いですね
岩とか好きです(笑)
鉄橋もいいですね♪

トンネルがいっぱいやぁ〜
ちょっと苦手です(笑)

蛇は苦手なんですか
顔は可愛いですけどねぇ〜
噛まれるのは嫌ですね(笑)

皆さん元気ですね
母の友人で登山されてた方は94歳ぐらいやけど超元気ですよ
歩くのって体に良いんでしょうね
とまる
2016/12/11 03:07
渓谷美と5トンネル手前の紅葉の舞も素晴らしかったのですが、後ろ姿にダイエットの効果を認めてくれたトンチキさんに感謝いたします。他人に認めてもらうとイッチョウマエです。あれから武田尾に行かず生瀬駅までの復路を楽しみました。乾杯のビールがなかったのも久しぶりでした。
K
2016/12/11 07:11
おはようございます。
少し前まで列車が通っていた道を歩くのは面白いでしょうね。
ご一緒した気分でワクワクしながら拝見しました。
トンネルは、通り抜けたら向こうに何があるのだろうと思うだけで楽しくなります。
美しい紅葉の中を歩くのは気持がよかったことでしょうね。
近かったら行けるのに…と残念です。
うふふ
2016/12/11 07:53
こんにちは。

旧国鉄福知山線廃線跡ですか。
ここは関西では有名ですね。
めっちゃ行ってみたいと思ってるんですよね。
いい感じですね。
トンネル、楽しそうです。
景色も最高ですね。
トトパパ
2016/12/11 10:49
こんばんは。
福知山線の廃線跡がハイキングコースとして公開された事はニュースで知りましたが、早速歩かれたのですね。
川は武庫川なんですね。下流付近の姿しか知りませんが、この辺りまで来ると渓流って感じがしてとてもいいです(^^)
トンネルはホント、真っ暗ですね。なんだか面白そうです。
アップダウンもなさそうですし、新緑や紅葉の頃に歩くと気持ち良さそうな道ですね。
narayama2008
2016/12/11 21:26
こんばんは!
廃線になった福知山線のハイキングコースを歩かれたのですね。武庫川渓谷沿いの素晴らしい景色といくつのもトンネルをくぐって、まるで車窓からの眺めを見ているようでとても素敵な景色です。
アップダウンがなさそうな道、近くなら歩いてみたいです。
eko
2016/12/11 23:15
とまるさん、こんにちは。
旧国鉄時代に廃線となった福知山線の一部ですが、当時こんないいコースを走っていたんですね。
武庫川峡谷、なかなかの眺めでしたよ。
巨岩もゴロゴロし、鉄橋もいい雰囲気。
目玉はやはりトンネルでしょうか。
当たり前ですが、中は真っ暗です。

蛇は大の苦手ですね〜。(@_@)
顔は可愛いですか?
噛まれるのはもちろん、見るだけで背筋が冷たくなります。

高齢の方でもこのコースはアップダウンが少ないのでお薦めです。
歩くのって体にいいどころか、人生の基本じゃないですか。
足は第2の心臓と言われてますよ。(笑)
トンキチ
2016/12/12 11:27
Kさん、こんにちは。
武庫川峡谷、こんなにいい眺めとは思いもよりませんでした。
ここに観光トロッコ列車を走らせれば、JRは
儲かるんじゃないかと思いましたが、京都のように川下りが出来ませんしねぇ…。

Kさんの後ろ姿に、男のロマンを感じましたよ。
糖質ダイエット、効果がありそうですね。
私も今年増量しましたので、少し減量したいと思います。
乾杯のビールがなかったのはもっけの幸いでしたよ、きっと。
トンキチ
2016/12/12 13:53
うふふさん、こんにちは。
この廃線跡を歩くのは初めてのことでした。
歩いてトンネルを潜り抜けたり、鉄橋を渡ったり、面白い気分を味わいました。
武庫川峡谷の素晴らしい景観を眺めながらですから、一層気持ちが引き立ちました。
トンネルは長くて暗闇ですが、ヘビさえ踏んづけなければ大丈夫です。
12月にはもう出ないでしょうけど。(^^)
まだまだ美しい紅葉の中を歩くのは、ホント気持がいいものでした。
トンキチ
2016/12/12 14:46
トトパパさん、こんにちは。
旧国鉄福知山線廃線跡を歩きました。
ここは関西では有名だそうですし、最近テレビでもやっていたらしく、結構な人出でした。
トトパパさんも、めっちゃ行ってみたいと思ってるんですか。
アップダウンもなく、歩きやすいコースでお薦めです。
ただトンネル内が暗いので、懐中電灯かヘッドランプなど灯りは必要になります。
トンネル、楽しいですよ!
景色も最高でしたしね。
トンキチ
2016/12/12 14:53
廃線の敷地をハイキング
電車で通っいても
気が付かない美しい場所が
いっぱいありますね
開放されてゆっくり散策
この時期が1番綺麗そうで
楽しそうですね
ジュン
2016/12/12 15:02
narayama2008さん、こんにちは。
福知山線の廃線跡がハイキングコースとして公開されたこと、ニュースでやっていたようですね。
12月4日でしたが、かろうじてまだ紅葉が楽しめたので、嬉しかったです!
川は武庫川なんですが、私も下流付近のイメージしかなかったので、峡谷と聞いてもピンときませんでした。
意外な絶景がありましたよ。
トンネルは真っ暗で、ワクワクしながら歩きました。
アップダウンもありませんし、新緑や紅葉の頃のハイキングに最適なコースです。(^^)
トンキチ
2016/12/12 15:12
ekoさん、こんにちは。
福知山線廃線跡のハイキングコースを初めて歩いてきました。
武庫川峡谷の素晴らしい景色を目のあたりにし、なぜ廃線となったのか、思いを巡らせたりしました。
諸事情があったのでしょう…。
いくつのもトンネルを潜り抜け、鉄橋を渡り、ワクワクする気分で歩きました。
アップダウンがほとんどなく、歩きやすいコースでした。
トンキチ
2016/12/12 15:39
ジュンさん、こんにちは。
福知山線廃線の敷地を気持ちよくハイキングしました。
初めての武庫川峡谷でしたが、廃線歩きとともに胸に焼き付けました。
公に開放され、ゆっくり、堂々と散策できるようになり、この綺麗な時期でよかったと思いました!
トンキチ
2016/12/12 15:52
枕木、たしかに線路の跡ですね。その上を歩くのは不思議ですね。トンネルもいくつか、真っ暗なんですね。ハイキングコースになっても灯りはなしですか。ヘビはいるでしょうね。武庫川峡谷、景色は抜群ですね。石が多い川、きれいな水です。歩いてみたいほどいいところですね。今度は九州ですか。お忙しいですね。
はるる
2016/12/12 19:43
こんばんは〜
福知山線廃線跡のハイキングコース
テレビでもよく取り上げられていましたね。
私は遠足で生瀬や武田尾に行きましたので
身近に感じる場所です。
秋もいいですが春の山桜もいい所です。
いつもありがとうございます。
つむぎ
2016/12/12 21:21
廃線跡、武田尾まで歩けるんですか。
武庫川の渓谷美、いいですねぇ。
なんとなく黒ずんだトンネル。蒸気機関車を思い出します。

武田尾温泉に入れませんでしたか。残念でしたね。
・・・で、
お疲れ様でした。
                    てくてく
てくてく
2016/12/12 23:17
はるるさん、おはようございます。
この廃線跡を歩くのは初めてで、面白かったですね。
トンネルは真っ暗でしたが、グループで歩いているので、怖くありませんでした。
武庫川峡谷、景色は抜群ですよね。
私が住むところとは離れているので、滅多に行くことは出来ませんが。
冬場はどんな光景に見えるんでしょうかね。
トンキチ
2016/12/13 06:24
つむぎさん、おはようございます。
このハイキングコース、テレビでもよく取り上げられていたようですね。
私は初めて歩いたのですが、面白かったです!
遠足で生瀬や武田尾に行ったのなら、このコースはとても身近に感じられるでしょうね。
春の山桜、覚えておきます。
トンキチ
2016/12/13 06:34
てくてくさん、おはようございます。
廃線跡、初めて歩きました。
生瀬、名塩、武田尾とよく聞く地名ですが、西宮や宝塚になるんですね。
武庫川の渓谷美、素晴らしいです!
トンネル歩きも、1人だけなら怖いと思いまが、多勢でしたので。(^^)
次は武田尾温泉♨に立ち寄って、寛いでみたいものです。
とんきち
2016/12/13 07:04
お早うございます。
気持ちが良いハイキングコースですね。
関西に住んでいながらこのコースは知りませんでした。
行程距離はどの位でしょうか?
後期高齢者でも歩けるかなぁ???
hillman
2016/12/13 08:28
hillmanさん、こんにちは。
初めて歩いた廃線跡コースでしたが、とても気持ちよく、楽しく歩くことができました。
生瀬駅から武田尾駅までの営業距離が約5.4kmですので、この距離より少し長くなると思われます。
アップダウンはありませんが、トンネル内は真っ暗ですので灯りが必携です!
普段、普通に歩行のできる後期高齢者の方なら、大丈夫じゃないでしょうか。
トンキチ
2016/12/13 13:12
この廃線跡ウォークを以前から行きたいんですが、そのままなんです。(^^ゞ
正式なハイキングコースではなく、敷地内なので、自己責任という看板を見た事がありますが、こんな綺麗な立て看板やったかなぁ…
この看板、とっても親切ですね。(^^)
夏場は、ヘビがよく出るんですか!
という事は、今頃の時期の方が良いんですね。
それにしても、釈迦岳に行かれた前々日やなんて、バイタリティー溢れてます。(^^)
この日は、良いお天気なので、初冬を満喫できましたね。
渓谷美がとても綺麗です。
ここまで来ると、武庫川も、全然、表情が違います。
学生の頃に、武田尾温泉には行った事があるのですが、周辺を歩くという事がなかったので、こういう所を歩いて見たいです。
そして、メインのトンネル。
トンネルは、6ヶ所もあるんですか。
この写真を見ると、歩き易く整備されているんですね。
という事は、立て看板の注意書きは、あくまで立て前?(^^ゞ
トンネル3の後の錆びたような鉄橋がちょっと怖いですね。
まぁ、いくら自己責任でも、多くの人が歩いてるんやから、崩れ落ちる事はないんでしょうけど…
廃線跡ハイキング、とっも参考になりました。
お疲れ様でした。(^^)
yoppy702
2016/12/13 19:35
初の福知山線廃線ウォークでしたか。
私は、このブログ始める以前の2010年春から歩いています。
2011年からはブログに登場する仲間と歩き、3年連続4月の年中行事として投稿してきました。
2013年の記事には9千を超えるアクセスを頂き、書いた本人が驚いています。
何時もの調子で綴っただけでしたが・・。
それ以来歩いていないので、懐かしい思いがします。

その時は、入り口手前に注意を促す「告」とある看板がありました。
自己責任で歩くのは以前と同じかもですが。
>この秋になって、初めてハイキングコースとして開放されたということだった。
これを知りませんでした。
調べると、
「安全対策工事のため5月16日から閉鎖し、10月の再開を目指す。トンネルや鉄橋は、今のまま残すという。」
が出てきました。
実際は11月15日から一般公開されたわけです。
入り口でカウンターによるハイカー数を調査し、今後の整備保全に役立てるのでしょうか。
真っ暗でライトが必要な状態は、そのままにしておいて欲しいですね。

最初に歩いた時、近くの少年が転ぶと言う事がありました、
今となってはトンネル内の状態は把握していますが、参加者が躓くようなことはありませんでしたか?
個人や少人数の時は、LEDライトを2個所持し、直下とその先を照らすのがお勧めです。

秋は歩いた事が無いので、紅葉が新鮮で綺麗です。

駅へ向かって歩くと、阪神が勝った翌日は生ビールが安くなるというお店があります^^)

武田温泉とあるアーチを潜って、右へ散策するのもお勧めです。
以前は、日帰り入浴できる河鹿荘がありました。
来年の春、奥さまと是非
アルクノ
2016/12/13 20:55
yoppy702さん、こんばんは。
この廃線歩き、私も以前から興味があり、この日、無理を押して参加してみたのです。
正式にはいつオープンだったのか知らないんですが、おそらく10月か11月だったのでしょう。
テレビのニュースでも取り上げられていたようで、ちゃんと見ていませんでした。

この日、夕方頃から雨が降ったと記憶しますが、午前中はいいお天気になっていました。
ここホンマに武庫川なん?と思うような渓谷美を目のあたりにしました。

福知山線廃線跡なので、神戸方面からは尼崎で乗り換えますが、阪神間の奥になり、私の方からは正直行きづらい場所なんです。
あまり土地勘がないので、これまでなかなか足が向きませんでした。
武田尾なんてどこにあるのかと思っていましたよ。(笑)
これは、ウソ!
大阪から生瀬まで約30分、500円ですので、むしろ大阪圏内ですよね。

いくつものトンネルをくぐり、鉄橋を渡り、たくさん通る若いオネエさんをチラ見して、渓谷美とともに目の保養をして、楽しみました。

春は山桜が綺麗だといい、秋の紅葉も綺麗でした。
新緑の頃は、個人的な感想ですが、たぶん毛虫が多いんじゃないかなぁ。
これは、六甲山やほかの山を歩いても全く同じことなんで、取るに足らない感想です。(^_-)

ここは、関西人、特に京阪神地区にお住まいの方なら、いいお天気の日を選んで、一度歩いてみる価値のあるコースだと思います。
トンキチ
2016/12/13 21:43
アルクノさん、こんばんは。
トンキチくん、初の福知山線廃線ウォークでした。
アルクノさんは2010年春から歩かれていたんですね。
2011年からは、3年連続で4月の年中行事になっていたとは。
2013年のブログで、9千を超えるアクセスだなんて、想像を絶します。

自己責任で歩くのは、どこでも一緒だと思います。
管理者側に余程の瑕疵がなければ、責任なんて問えませんからね。
ここが正式にオープンしたのが、まだ1ヶ月前のことで、これまでは宝塚側の一部を除き、みんなモグリで歩いていたことになりますね…。

トンネル内は暗かったのですが、みんなライトを持っていて、躓くようなことはありませんでした。
やっぱり、ヘッデンが一番いいようです。
両手が空きますので、アクシデントに対応しやすいですね。

武田尾温泉とあるアーチを潜って、右へ散策すると、今でも日帰り入浴できる旅館があるようです。
来年、また連れ合いと廃線跡を歩き、武田尾温泉を訪ねてみることにいたします。
トンキチ
2016/12/13 22:18
そうですね
歩くのは基本ですね(笑)
でも、普通はこんなに歩かないですよ(笑)

私もしっかり歩けるときは歩き回りたいと思います
とまる
2016/12/14 23:18
とまるさん、おはようございます。
大袈裟に言いましたが、私も普段滅多に歩かなくなりました。(笑)
でも、意識して歩くように努めたいと思います。
トンキチ
2016/12/15 03:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧国鉄福知山線の廃線跡ハイキング よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる