よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩合光昭写真展「ねこの京都」ほか

<<   作成日時 : 2017/06/14 10:01   >>

ナイス ブログ気持玉 235 / トラックバック 0 / コメント 40

 岩合光昭写真展「ねこの京都」を観たいと思い、5月26日(金曜日)、京都に出向いた。

 ちなみに会期は5月18日から6月4日までだったので既に終了済み。

 次は、8月に札幌、横浜と巡回するそうだ。

 写真展の会場は、JR京都伊勢丹にある美術館「えき」KYOTO

 岩合氏の写真展観賞は、覚えているだけでこれが3度目だった。

 展示室内は撮影禁止だったが、入室までの撮影可能コーナーで撮影。

画像


画像


画像


 ごたくを並べようかと思ったが、トンキチが何かを言うより、同展のパンフレットを見てもらった方がイメージをつかんでもらえるだろう。

画像


画像


 約150点の作品を観賞し、ねこの一挙手一投足が京都の四季の風景に投影され、ねこと人との結びつきが感動的だった。

 素敵な展示会を観賞できた喜びで気をよくし、写真集とねこの風呂敷を記念に買い求め会場を後にした。

画像


 まだ昼を回ったばかりだったので、1ヶ所だけ観光して帰ろうと思い、西国第17番札所「六波羅蜜寺」(京都市東山区)を訪ねることにした。

 12時50分頃、京都駅前からてくてく歩くことにした。

画像


 13時05分、五条大橋にさしかかり鴨川を東に渡る。

画像


画像


画像


 鴨川にカモが遊び、コサギ(?)が飛んでいた。

画像


 国道1号から大和大路通を経て六波羅蜜寺に到着したのが13時20分。

画像


 京都市設置の同寺の説明

画像


 平清盛公の塚

画像


 阿古屋塚

画像


 阿古屋塚の説明

画像


 本堂の建立は室町時代貞治2年(1363)で国の重要文化財となっている。

画像


画像


画像


 本堂にお詣りし、ご朱印を頂戴した。

画像


 本堂の縁を通り宝物殿に向かった。

画像


 宝物殿も本堂内同様写真撮影は禁止されていたので、同寺のパンフレットから空也上人立像のみ借用させていただいた。

画像


 境内には夥しい数の石仏が祀られていた。

画像

 
 都七福神ノ一として、福寿弁財天を祀る大きなお堂も。

画像


 30分ほどの参拝で同寺を後にし、帰りもてくてく歩くことにした。

 途中にこんな民家があったので撮影し、編集でちょっと手を加えてみた。

画像


 オリジナル画像の方がよかったような気がするが、遊びなのでこんなのもありかなと思う。

 14時頃、休憩できそうな木陰のベンチを見つけ、持参の半額パンで遅い昼食にする。

画像


 正面通の鴨川に架かる正面橋を渡るとき、下流側にカモがいた。

画像


画像


画像


画像


 高瀬川に沿ってしばらく歩き、京都駅に向かった。

画像


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 235
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(40件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

岩合光昭写真展「ねこの京都」いいですね。
話題になってますね。
六波羅蜜寺ですか。
行ったことないです。
いい感じですね〜。
トトパパ
2017/06/14 13:04
【トトパパ様】
こんにちは。
岩合光昭写真展「ねこの京都」、話題になってるんですか。とてもよかったですよ!
六波羅蜜寺、初めて訪ねましたが、京都駅から徒歩で片道約30分です。
いい散歩になりました。
トンキチ
2017/06/14 14:59
こんにちは

モデルと心が通じればこそ
岩合さんの作品には
心を感じますね
無門
2017/06/14 17:59
【無門様】
こんにちは。
なるほど〜。岩合さんの作品、暖かいんですよね。モデルと心を通じ合わせることが大切なんですね!

トンキチ
2017/06/14 18:36
こんばんは。
「ねこの京都」、きっとネコと京都の可愛らしい写真をご覧になったんでしょうね。
私もカメラを持っていてネコを見かけると、ついカメラを向けてしまいます(^^)
ネコは家の庭にもやってきますが可愛いですね。
ただネックは庭で○ンチをする事・・・(笑)
六波羅密寺はお参りした事はないのですが、静かなお寺さんのようですね。
narayama2008
2017/06/14 20:14
BSでの朝ドラの後に岩合さんの番組があり、いかにも
猫と会話が出来てそうな雰囲気にいつも感心しています。
同じ目線で撮ると言われていましたが、普通は
なかなか地べたに這うなんて出来ないですね。
京都までは行けませんでしたが、きっと良かったでしょうね。
つばさ
2017/06/14 20:34
【narayama2008様】
こんばんは。
「ねこの京都」は、京都の四季とネコをテーマにした写真展でした。
ネコの可愛らしさはもう言うまでもありません。(^_^)
ネコを登場させたブログを書かれる方が多いのですが、ネコの姿態を見せてもらっているとはまってしまいます。
narayamaさんも可愛いネコの写真をまたアップしてくださいね。
六波羅密寺は西国札所ということで初めてお詣りしました。
空也上人の立像を見たかったのですが、今回見られて満足しました。
トンキチ
2017/06/14 21:04
【つばさ様】
こんばんは。
岩合さん、猫と会話が出来てそうな雰囲気があるんですか。
なるほどなと思います。
同じ目線で撮る、これも大事かも知れませんね。
なかなか地べたに這うなんて出来ないですが、プロとしていろんな努力を払われているんでしょうね。
気持ちがほっこりするいい写真展でしたよ。
トンキチ
2017/06/14 21:10
岩合さんの動物写真って良いですよね。私も好きです。
ただこの様な写真展には行ったことがないので興味津々です。

六波羅蜜寺は元は市聖が開基した西光寺でした。市聖の没後に叡山の中信が六波羅蜜寺と改称して以来天台宗の寺院となった歴史もあります。
一木造の国宝・木造十一面観音立像は秘仏ですが、辰年に開帳されます。一見の価値があります。次は2024年ですね。
木造空也上人立像は写真などで良く見ますが、実物は良いですよね。六体の阿弥陀如来は六時名号を意味すると解釈されてますね。

波羅蜜とはサンスクリッド語のパーラミターの漢語訳で、仏教における修行で完遂すべきことを意味します。
六波羅蜜はその実践すべき六つの項目で、布施波羅蜜、持戒波羅蜜、忍辱波羅蜜、精進波羅蜜、禅定波羅蜜、智慧波羅蜜。
それぞれ簡単に説明すると、「喜捨しなさい」「戒律を守りなさい」「耐え忍びなさい」「精進しなさい」「精神を集中しなさい」「真理を見極めなさい」といった意味です。
降魔成道
2017/06/14 22:56
おはようございます
岩合さんのネコちゃん、
見守るような優しい目線で癒されます。
一度、写真展に行ったことがあって
それから、岩合さんのファンです(^ ^)
今回は京都のネコですか、
観てみたいですね〜。
とわ
2017/06/15 06:44
【降魔成道様】
こんにちは!
岩合さんの動物写真ってすごいです。
ネコをライフワークとしてかねてより撮影されていて、今回の京都の四季とネコを題材にされた写真展もすごく新鮮で面白いものでした。
六波羅蜜寺について、「元は市聖が開基した西光寺でした。市聖の没後に叡山の中信が六波羅蜜寺と改称して以来天台宗の寺院となった歴史もあります。」とのこと、大いに勉強になりました。
ありがとうございます!
国宝の秘仏・木造十一面観音立像は辰年に開帳されるそうですね。次は2024年…7年後なので、ぜひ拝観したいです。
木造空也上人立像は写真などで良く見ますね。
高校時代の日本史の教科書に載っていたのが印象に残っています。
「波羅蜜とはサンスクリッド語のパーラミターの漢語訳で、仏教における修行で完遂すべきことを意味します。六波羅蜜はその実践すべき六つの項目で、布施波羅蜜、持戒波羅蜜、忍辱波羅蜜、精進波羅蜜、禅定波羅蜜、智慧波羅蜜。それぞれ簡単に説明すると、「喜捨しなさい」「戒律を守りなさい」「耐え忍びなさい」「精進しなさい」「精神を集中しなさい」「真理を見極めなさい」といった意味です。」とのこと、よく分かりました。
こんな説明をブログ記事本文に記載できていれば、興味ある方にとっては嬉しい内容になったことでしょう。
コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
トンキチ
2017/06/15 09:38
【とわ様】
こんにちは。
岩合さんのネコちゃん、仰るように、みんな優しい目線をしていて癒されますね!
写真展に行かれたことがあり、それから、岩合さんのファンになられたのですね。^_^
私と一緒です!
かつての写真展も感動しましたが、今回の「ねこの京都」は、それ以上に自分としてしっくりした展示会でした。
8月、札幌の後、横浜でやるそうです。
トンキチ
2017/06/15 09:51
こんにちは!
岩合光昭さんの写真展はどこでも大人気ですね。
いつだったか池袋のデパートで見てきましたが、大変な人でしたよ。
京都の町も歩かれたのですね。
五条大橋で義経と弁慶に会いませんでしたか?…なんてウソです(笑)
六波羅と言えば義経と清盛ですね。
子供の頃、義経の伝記を読んで京都をいろいろ想像しました。
二度しか行ったことがありませんので、また行ってみたいです。
うふふ
2017/06/15 11:55
朝15分間の 番組の 音だけを聞いていると 岩合さんが
まるで 愛しい女性に話しかけているようで 猫ちゃんが
羨ましくなります。
そうでないと あんな素敵な写真は 撮れないですね。
高瀬川の風景は 一番京都らしさが感じられて 好きな
所です。 



フラバーバ
2017/06/15 13:50
【うふふ様】
こんにちは!
岩合光昭さんの写真展が大人気とは嬉しいですね!
以前池袋で写真展ご覧になられたのですね。
東京は集客力が桁外れなので、凄い人出だったのでは。
京都駅前から六波羅蜜寺まで京都の街をぶらぶらしました。
五条大橋で義経と弁慶に会いましたよ!!
せっかく写真撮ったんですが、ブログに載せなかったのを後悔します。
2人のモニュメントなんですけどね。(笑)
またの機会に・・・。
子供の頃、義経の伝記を読んで京都をいろいろ想像しただなんて、夢のある子だったんですね。(^_^)
また京都観光に行ってください。
外国人だらけですが・・・。
トンキチ
2017/06/15 14:29
【フラバーバ様】
岩合さん愛しい女性に話しかけるように猫ちゃんに接しているのですね。
なるほど、岩合さんの優しさになついてしまうわけですか。
岩合さん、根っからの動物好き、ネコ好きなんでしょうね。
あの素敵な写真が撮れるのはそんなところに由来するのですね。
高瀬川の風景、京都らしくていいですね。
トンキチ
2017/06/15 14:53
あっ、この画像、この前、見たと思ったら、FBやったんですね。
この画像を見ると、もう、キュンキュンしちゃって…
(JKではありませんけど…(^^ゞ)
どちらかにすると、犬派のボクなんですけど、いやぁ〜猫ちゃん、可愛いい。
猫ちゃんが欲しくなりますもん。
猫ちゃんって、どちらかというと無愛想な感じがあったけど、とっても愛嬌があって…
そう、「はんなり」ですね。
あっ、「はんなり」は京都猫やからですね。(^^ゞ
でも、六甲で出会う猫ちゃんも、寄ってきて、ニャーニャーと猫撫で声を出されると、キュンキュンして、ついつい、食べ物をあげちゃいます。(^^ゞ

写真展が終っても、トンキチさんはスンナリと帰りません。
やっぱり、ウロウロ。(^^)
京都タワーが写ってると、間違いなく、京都というのかよく解ります。(^^)
五条大橋って、あんまり渡った事無いなぁ…
三条大橋は、よくありますけどね。
この橋が、牛若丸と弁慶の舞台なんですよね?

六波羅蜜寺は、何年か前に、清水の方などをウロウロした時に、寄りましたが、既に夕方でした。
明るいと、朱色が鮮やかですね。
オッ、さすが、御朱印を受けてはる。
御朱印って、受けた事がないんですが、このように、歌も添えられてるんですか?
五つの大罪を犯しても、ここへ来て参れば、救われる…?
参るだけやったらダメなんやろな。(^^ゞ
この空也上人像、画像でしか見た事無いですが覚えてます。
口から飛び出している阿弥陀様がインパクトありますもんね。

遅めの昼食は、半額パン。
半額とか割引が付いてるのって、メッチャ好きです。
トンキチさんは、いつもブラック無糖なんですね。
ベンチは、鴨川のベンチですか?

高瀬川の、この画像が涼しげでイイですねぇ〜
お疲れ様でした。(^^)
yoppy702
2017/06/15 16:05
こんにちは!
先日NHKで放送していました。岩合光昭さんの猫に対する愛情が伝わってくる番組でした。猫を理解し、決して強要せず自然な姿を撮っているそうです。猫目線で撮るので地面に寝そべったり、撮りたい猫が通るであろう道で何時間も待ったりと猫の習性をよく理解し猫への愛情がないと出来ない仕事ですね。京都まで見に行かれて良い時間を過ごされましたね。
六波羅蜜寺は行ったことがありません。見所が沢山ある京都また行ってみたいと思います。
eko
2017/06/15 16:20
岩合光昭さんの写真展は大人気です
猫の優しさがにじみ出たお写真
横浜に来るのですね
注意して見ていますね
六波羅蜜寺
源平ゆかりのお寺でパワースポットと
聞いたことがあります
京都また行ってみたいです
ジュン
2017/06/15 16:56
【yoppy702様】
ブログはアップまで数日かかりますので、素材が旬なうちにFBに載せようと思いました。
「この画像を見ると、キュンキュンしちゃって…JKではありませんけど…」と、JK的言い回しで和ませてくれるyoppyさん。^_^
私も昔犬を2匹飼ってた犬派でしたが、最近すごく猫ちゃんがカワイく思えてなりません。
猫ちゃんて、無愛想な感じがしますけど結構愛嬌があったりしますね。
岩合さんの写真展の猫は、京都猫なので「はんなり」なんですよね。
yoppyさんは、「六甲で出合う猫ちゃんも、寄ってきてニャーニャーと猫撫で声を出されると、キュンキュンして、食べ物をあげちゃいます。」と優しさがあふれたお人柄。
六甲がバーで、猫ちゃんがホステスだったら、yoppyさん財布の紐がゆるんでしまいますね。(笑)
五条大橋が、牛若丸と弁慶の舞台でしたね。
橋の手前に2人のモニュメント像があり、写真も撮ったんですが、省略してしまい残念です。
六波羅蜜寺は西国三十三箇所ですので、西国巡りを続けている身にとって、いつか行かねばならない場所で、それ故御朱印を受けています。
私の持っている御朱印帳には、それぞれのお寺のご詠歌が印刷されています。
空也上人像、高校の教科書に載っていた写真がいまだに頭にこびりついています。
口から飛び出している阿弥陀様がインパクトがあるんですよね。
遅めの昼食は、半額パンでした。
近くの24時間スーパーが、午前4時頃パンを半額にしているという情報で、行ってみると本当だったので、たくさん買い込みました。
食べないともったいなく、昼食に持参しました。
私、コーヒーはほとんどブラック無糖です。
ベンチは、鴨川沿いの道に藤棚のような棚があり、その下にあった石のベンチがちょうどいい案配でした。^_^
トンキチ
2017/06/15 18:36
【eko様】
こんにちは!
先日NHKで岩合光昭さんの番組を放送していたそうですが、生憎見逃してしまいました。(-.-;)
岩合さんの猫に対する愛情が伝わってくる内容だったのですね。
「猫を理解し、決して強要せず自然な姿を撮っているそうです。猫目線で撮るので地面に寝そべったり、撮りたい猫が通るであろう道で何時間も待ったりと猫の習性をよく理解し猫への愛情がないと出来ない仕事ですね。」とのことでした。
このコメントで、岩合さんと猫との接し方がよく分かりました。
撮影のための時間をたっぷりと費やし、やっつけ仕事でなく、真にプロカメラマンとしての気概が感じられますね。
今回、京都までこの写真展を観に行きましたが、実にいい時間を過ごすとともに、いい勉強になりました。
六波羅蜜寺はともかく、京都には見所がたくさんありますので、また京都に遊びに出かけてください。
トンキチ
2017/06/15 18:56
こんばんは。
岩合さんの写真優しくて大好きです。
一度見に行った事がありますがどれも
素敵でした
岩合さんにだけ見せる猫さんの表情
かわいいですよね。
カモさんもかわいいです。高瀬川いいですね。
いい一日でしたね
ゴンマック
2017/06/15 19:00
【ジュン様】
こんばんは。
岩合光昭さんの写真展は大人気でした。
猫の優しさがにじみ出た写真で、よくこんなのが撮れたなと思うようなものばかりでした。
8月に、札幌の後、横浜に巡回する予定だそうですので、またご確認をお願いします。

六波羅蜜寺は、「源平ゆかりのお寺でパワースポット」ですか。
行きはともかく、帰りも京都駅まで歩けましたので、パワーを授かったのかも知れません。^_^
また京都に遊びに出かけてください!
外国人だらけですが…。(-.-;)
トンキチ
2017/06/15 19:08
川の風景がいいですね。水辺が好きなので、つい見入ってしまいます。
京都はお寺も多く、見どころいっぱいありますね。
ご朱印を集めているのですか。
民家が民家らしくなりました。
岩合さんの猫、今日夕方テレビで見ていました。ゆったりした時間が流れ、猫の気持ちにそった映像がファンです。
はるる
2017/06/15 19:12
モデルのネコくんorネコちゃん、表情がいいですね。その瞬間をとらえるって、流石プロです。

六波羅蜜寺、西国17番だけあって立派なお寺で、平清盛公の塚や阿古屋塚があるんですか。由緒のあるお寺なんですね。
空也上人立像、拝観したいものです。

鴨の鴨川、鴨が多いので鴨川っていうんですか???
                                 てくてく
てくてく
2017/06/15 20:06
【ゴンマック様】
こんばんは。
岩合さんの写真、猫の表情とても優しいですね〜。
私も猫の写った写真大好きです!
ゴンマックさん、一度見に行かれたのですね。
私、これで3回目になりますが、行くたびにはまってしまいます。^_^

「岩合さんにだけ見せる猫さんの表情かわいいですよね。」とは、なるほどと思いました。
どうやって撮るのかなと思っていました。
岩合さんだから、猫も気を許すわけですね。
カモさんもかわいいと言ってもらえ、嬉しく思います。
高瀬川いいでしょ〜。
京都の風情が感じられると思います。
トンキチ
2017/06/15 20:30
【はるる様】
こんばんは。
川の風景がいい…と言えば、鴨川、高瀬川ですかね。
はるるさん、水辺がお好きだったのですね!

京都はお寺も多く、見どころいっぱいです。
私、西国三十三箇所、新西国三十三箇所を何年もかけ、細々ながら、気が向いたら巡っています。
対象のお寺だけ、ご朱印をもらうようにしています。
あの民家、昔の写真みたいになってしまいました。(-.-;)
岩合さんの猫、今日夕方テレビでやってたんですか。
「ゆったりした時間が流れ、猫の気持ちにそった映像」が見たかったです。
トンキチ
2017/06/15 20:44
【てくてく様】
モデルのネコくんorネコちゃん、たしかに表情がいいですよね。
撮影した岩合さん、猫に話しかけるそうですよ。
しかも猫目線になって。
いい表情のその瞬間をとらえるって、流石プロですね。
素人には到底真似出来ない技ですね。

六波羅蜜寺、西国17番の立派なお寺でした。
平清盛公の塚や阿古屋塚がありましたね。
このお寺は、高校時代の教科書に空也上人像の写真が載っていて、ずっと印象に残っていました。
由緒のあるお寺だそうです。
空也上人立像もさることながら、国宝の秘仏とされる十一面観音立像が辰年だけ開帳されるそうです。
鴨が多いので、鴨川じゃないようですね。
古代から上流域は賀茂氏が治め、上賀茂神社や、下鴨神社に結びついたようで、そういったことから鴨川になったと推測します。^_^
トンキチ
2017/06/15 21:13
NHK・BSで岩合さんの番組やってますね。
まともに全部見た事はないんですが、
「ちょっと」見なら何度かあります。
京都編も面白そうだなという気がしてました。
それにしても、岩合さんの前だと、どうして
猫は逃げずにいい顔するんでしょう。
私の経験では、カメラを構えると相当警戒されるのに…。
古都の風景の中で、猫の表情がとてもいいですね。
yasuhiko
2017/06/16 21:51
【yasuhiko様】
NHK・BSで岩合さんの番組やってるようですが、見たことはありません。
あまりTV見ない方なんで。
岩合さんの写真展はこれで3回目になりますが、京都編も実に面白かったです。
「それにしても、岩合さんの前だと、どうして
猫は逃げずにいい顔するんでしょう。」
まさに同感です!
岩合さん、猫をたぶらかす手練手管をお持ちのようです。(笑)
トンキチ
2017/06/17 07:31
写真展。京都の雰囲気に合う案内ですね。
なかなか実際には見られませんので、BSで見てます。猫の仕草、可愛いですからね。
猫目線で撮るので、猫も良くわかるのでしょうね。撮るときには、声を掛けていますからね。
yoshi
2017/06/17 11:12
結婚する前は実家で猫を飼ってたんです
僧侶の肩に乗ってるのを見て、うちの子も乗ってたなぁ〜って懐かしく思いました
しぐさが何とも言えないですよね

民家の写真良い感じですね
ポストカードになりそうです
橋や川のある風景は大好きです

京都も近いのになかなか行けませんね(笑)
とまる
2017/06/17 11:57
【yoshi様】
「ねこの京都」写真展は、京都の雰囲気に満ち溢れていました。
BSで岩合さんの番組があるそうですね。
テレビあんまり見ないので疎くなってます。(-.-;)
猫の仕草、可愛いですよね。
岩合さん、猫目線で撮影し、声を掛けているそうですね。
トンキチ
2017/06/17 15:10
【とまる様】
猫が人の肩に乗るのは、よほどなついていないと無理ですよね。
とまるさんの実家で飼ってた猫ちゃん、家人の肩に乗ってたんですね〜。
みんな可愛いがってたんでしょうね。
ねこ展のポスターの猫ちゃん、しぐさが何とも言えません。
民家の写真、昔の写真みたいになってしまいました。
橋や川のある風景は大好きですか…。
私も好きです。
トンキチ
2017/06/17 15:47
動物写真家の岩合光昭は1年以上をかけて京都のねこを撮影しました。
ねこを通して見た京都を「春」「夏」「秋」「冬」の4章で展開します。
ねこを通して京都を見る。
とあります。
展示作品イメージが数枚紹介されていましたが、ホッコリする内容の写真でした。

以前テレビ番組で動物写真家の岩合光昭さんを紹介していました。
動物の気持ちが分かるような写真家です。
トンキチさんは愛猫家ですか?
でしたら、先日の捨て猫に餌を与えるのは悪くない、という私の気持ちも分かると思います。

デッカイ機材持って、猫と対峙する岩合光昭氏の写真が面白いです。
猫が「モデルになってあげるわ」と眺めています。
写真集とねこの風呂敷まで入手しましたか。
ねこの風呂敷はお中元持参用ですか?

六波羅蜜寺と言えば、念仏の祖で、民間における浄土教の先駆者と評価される空也上人像が有名ですが、口から出る言葉を六体の阿弥陀仏にするなんて衝撃の表現方法です。
空也上人は自らが仏教を普及し、社会貢献や公共事業を通じて民を助け続けたそうです。
理屈だけこねる坊主とは実態が違ったわけです。
当時の仏教に関わる僧はいわば今の公務員で、それに反発して行動を起こしました。
彼が広めた念仏はその死後、爆発的に広まったとあります。
公務員の僧は結局何もせず、時の朝廷に反発した行基や空也が仏教を民に広げていきました。
アルクノ
2017/06/17 16:16
【アルクノ様】
「動物写真家の岩合光昭は1年以上をかけて京都のねこを撮影しました。ねこを通して見た京都を「春」「夏」「秋」「冬」の4章で展開します。ねこを通して京都を見る。」とのことで、まさにそんな構成になっていたと思います。
展示作品イメージをパンフレットで紹介しましたが、それだけでもホッコリするとなれば、展示会場では約150点もの写真が展示されており、ねこ好きなら涙がにじむかも知れませんね。

最近もNHKのBS放送で岩合さんの番組を放映しているようです。
岩合さんは、動物の気持ちが分かるというか、分かるようになろうと努力されている立派な写真家ですね。
私は昔犬を2匹飼っていた時代があり、犬派を自認していました。
ところが、数年前に岩合さんの写真展を見て、ねこが大好きになりました。
今はもう犬もねこも自分で飼う自信はなく、もっぱら見るだけ専門ですけど。
「先日の捨て猫に餌を与えるのは悪くない、という私の気持ちも分かると思います。」というアルクノさんに全面的に賛同します!

「デッカイ機材持って、猫と対峙する岩合光昭氏の写真が面白いです。猫が「モデルになってあげるわ」と眺めています。」というあの写真・・・
まさに猫目線に立った撮影ですね。

会場で写真集とねこの風呂敷を入手しました。
ねこの風呂敷はお中元持参用?
ハイ、これはアルクノさんに進呈する座布団を包むために買いました!(嘘)(笑)

六波羅蜜寺の空也上人像、念仏を称える口から六体の阿弥陀仏が出ているお姿、衝撃の表現です。
重文とはいえ国宝級だと思います。

空也上人は自らが仏教を普及し、社会貢献等を通じて民を助け続けたといい、理屈だけの坊主とは実態が違う偉いお坊さんだったということが分かりました。
何か現代にも通じる話のような気がしますね。^_^
トンキチ
2017/06/17 20:48
「いいコだね〜」といういわごうさんの声が聞こえてくるようです。
世界ネコ歩き、大好き。
Nyanta
2017/06/19 06:11
こんにちは。
猫好きにはたまらない素敵な写真展ですね〜

私の実家は鴨川の近くなので、数々の写真、
とても懐かしく拝見しました。
久しぶりに京都へ帰ってみたくなりました♪
mikan
2017/06/19 10:27
【Nyanta様】
岩合さん、ネコの目線でやさしく声をかけるんだそうですね。ネコもそんな彼になつくんでしょう…。
トンキチ
2017/06/19 15:32
【mikan様】
こんにちは。
猫好きや岩合ファンにとってはたまらない素敵な写真展でした。
mikanさん、実家が鴨川の近くなんですか。
前に鴨川の河川敷を歩いたことがありますよ。
いいところじゃないですか!
それは懐かしかったことでしょうね〜。
来月、祇園祭ですね!
トンキチ
2017/06/19 15:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩合光昭写真展「ねこの京都」ほか よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる