よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 「さんちか花時計ギャラリー」へ

<<   作成日時 : 2017/09/26 17:46   >>

ナイス ブログ気持玉 223 / トラックバック 0 / コメント 46

 神戸市役所北側に設置されている花時計は、日本で初めて設置された花時計と言われている。

 昭和32年4月稼働開始というので、かれこれもう60年になり、人間ならちょうど還暦を迎えたことになる。

 最近、「さんちか花時計ギャラリー」に行く機会があり、それならと昨日(9月25日)所用の前に、地上の花時計も見ておくことにした。

画像


画像


 毎年8回ほど植え替えられるそうで、この日は文字盤にシロタエギク、アキランサス(赤)、アキランサス(黄)、パセリ(濃緑)、ペチュニア(青紫)が植えられており、次回の植え替え予定は9月下旬とのこと。

画像
            【シロタエギク】

画像
            【アキランサス(赤)】

画像
            【アキランサス(黄)】

画像
            【パセリ(濃緑)】

画像
            【ペチュニア(青紫)】

 それでは、「さんちか」に潜り、花時計ギャラリーに向かうことにする。

 「さんちか」とは、神戸三宮の地下街であり、大阪梅田の地下街には及ばないまでも結構な賑わいがある。

 賑わう場所のレポはここではやめておく。

 花時計ギャラリーは、神戸市営地下鉄海岸線の「三宮・花時計前駅」からすぐだった。

 もちろん、JR三ノ宮駅、私鉄等の各駅からも遠くはない。

画像


 次の写真は、直進すれば市営三宮駐車場・神戸市役所方面に至る地下通路。

 同通路を先に進むと、両側にガラスで覆われた作品展示場所があり、そこが元からの花時計ギャラリーだった。

画像


画像


 付近通路の壁面に、こんな作品があった。

画像


画像


 作品名は次の通り「アラベスク」とされ、作者の「EIKO SHINTANI」は、前記事の神戸凮月堂ミュージアムに展示されていた人魚像の作者と同じ「新谷英子」だった。

 神戸女子短期大学名誉教授をされていた方で、今年74歳で死去されたそうだ。

画像


 そして、新しいオシャレな方の花時計ギャラリーへ。

 この地下通路は、大丸まで続いていて、この絵の前の椅子に座って休憩や食事をする人の姿があった。

画像


 ここを直進すれば「三宮・花時計前駅」だ。

画像


 花時計ギャラリーのプレート。

画像


 花時計ギャラリーの壁面にこんなプレート(「神戸をかたる画家たち」)が掛けられ、立派な作品が並んでいた。

 なお、作品は大型陶板により複製されたものだった。

画像


画像


画像


画像


画像


 個々の作品を…

画像
            【集い 小磯良平 1954年】

画像
            【働く人 小磯良平 1959年】

画像
            【三人の踊り子 小磯良平 1970】

画像
            【大石田の最上川 金山平三 1948年頃】

画像
            【渓流 金山平三 1959年】

画像
            【ニース 田村孝之介 1968年】

画像
            【海をたたえる 田村孝之介 1959年】

画像
            【踊る 田村孝之介 1954年】

 美術館並みの豪華な作品ばかりだった。

 また、花時計ギャラリー(ガラス内掲示)には、先の「アマチュア動物写真コンクール」入賞以上の作品が展示されており、トンキチの「双眸」も当然ながらそこに展示されていた。

【COOLPIX P900  OLYMPUS E-PL6 撮影日 平成29年9月21日、同25日】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 223
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(46件)

内 容 ニックネーム/日時
トンキチ様
こんにちは
花時計、四季折々のお花で
きっと見る人を楽しませてくれるのでしょうね
地下街、今はお洒落な空間になっていて驚きます
皆さんがトンキチ様の作品をご覧になるんですね
ゆの
2017/09/26 17:56
こんにちは。
歴史のある花時計何度か植え
替えられるんですね
花時計ギャラリーも楽しめますね。
画家達の絵が素晴らしいです、まるで
美術館ですね。
トンキチ様の作品が又皆様の目に
素晴らしい事ですね
ゴンマック
2017/09/26 18:10
【ゆの様】
こんばんは。早速のコメントありがとうございます!
花時計は年間8回ほど花を植え替えるそうなので、1シーズンに2回ずつくらい花が変わりますね。
四季折々の花で道行く人を楽しませていますね。
地下街、ホントお洒落な空間になっています。
雨の日などこんなところを歩けるのは嬉しいですね。
花時計ギャラリーに作品を展示してもらえて幸せでした。(^^)
トンキチ
2017/09/26 20:43
こんばんは〜
花時計、人気がありますね。
初めの頃は、分かりやすいデザインで、皆さん歩道ギリギリまで
下がってシャッターされていました。
ギャラリーに作品が展示されているのですか、すごいですね。
つむぎ
2017/09/26 20:58
【ゴンマック様】
こんばんは。コメントありがとうございます!
歴史のある花時計、年間8回ほど植え替えられるようです。
季節に応じ素敵な花時計になっていますね。
花時計ギャラリーの神戸をかたる画家たちの絵がホント素晴らしかったです。
まるで美術館さながらですね。
私の写真も別のスペースに展示されていましたが、これから経験を積んでもっといいものを作っていこうと思いました。(^^)
トンキチ
2017/09/26 21:02
日本初の花時計が神戸市役所のものとは知りませんでした。
今まで特に意識していませんでしたが、花は植え替えられていたのですね。
勉強になりました。

小磯良平は大好きな画家で、兵庫県立美術館で魅了されました。
小磯記念美術館にも行ってみたいと思っております。

金山平三の作品も県立美術館にありましたね。
東京国立近代美術館で見た、題名を忘れましたが、いくつかの作品を気に入ってます。

さんちか花時計ギャラリーですか。訪れてみたいです。


降魔成道
2017/09/26 21:13
【つむぎ様】
こんばんは。コメントありがとうございます!
さすが花時計は人気がありますね。
60年の歴史もあり、そこそこ全国に浸透しているんでしょうか。
ああいうのは分かりやすいのが一番ですね。
写真を撮って神戸の旅の記念になるようなのが最適です。
ギャラリーの作品展示、今日で終わりました。
やはり嬉しいものですね。(=^・^=)
トンキチ
2017/09/26 21:16
こんばんは!
日本で最初に作られた花時計が神戸にあるのですか。
60年動き続けているなんて素晴らしいですね。
地下街のギャラリーも圧巻!
陶板に複製されてずっと飾られているのですね。
憧れの画家の作品がいつでも見られるとは羨ましいです。
トンキチさんの写真も飾られていましたか。
素敵ですねぇ〜☆
うふふ
2017/09/26 22:24
【降魔成道様】
日本初のこうべ花時計、そうと意識したことはありませんでした。
もう60年もたっているのですね。
花時計の花も年間8回ほど植え替えられている旨で、しっかりと管理されているようです。
小磯良平の絵を原画で観たいと思っていますが、まだその思いは遂げておりません。
県立美術館や小磯記念美術館にでも行ってみようかと思っております。
関係のない話ですが、昨日、大阪の四天王寺に行きました。
金堂で釈尊の一生を物語る壁画があり、その説明に「降魔成道」の文字がありました。意味の深いおことばだったのですね!
トンキチ
2017/09/26 22:46
【うふふ様】
こんばんは。コメントありがとうございます!
こうべ花時計は、日本で最初に作られた花時計なんですよね。
しかも60年もたっているというので驚きです。
地下街のギャラリーも、今回、まじまじと見てきました。
陶板複製で、美術館並みの場所にああやって飾られています。
ホントは私のことなど書くまいかと思いましたが、記念ということで…。
トンキチ
2017/09/26 22:53
こんばんは♪
わ〜、日本初の花時計なんですね。
今も動き続けてお花も手入れが行き届いてる!
前を通ると幸せな気持ちになりそうです。(^^)

さんちかの花時計ギャラリーですか、
地下ですが、広いですね〜。
ここにトンキチさんの写真も飾られてるんですね、
素晴らしい!
神戸は凄くアートチックっていうのかな
音楽にしても絵画にしても。
大きな街ですね。一度訪れてみたいです。
とわ
2017/09/26 22:54
【とわ様】
こんばんは。コメントありがとうございます!
こうべ花時計、日本初の花時計だそうです。
御年60歳!
凄いですよね。人間で言えば還暦ですから。
お花の手入れが定期的に行われているようです。
さんちかの花時計ギャラリー付近は、地下鉄の花時計前駅が出来たりして整備されたんだと思います。
ここのガラス内展示スペースに、昨日26日まで写真が飾られていました。(=^・^=)
神戸はアートチックっていうのかどうか、よく分かりません。
外から見ている方の方が、案外そういうのって分かるのかも知れませんね。
神戸の中心部は三宮ですが、大阪・京都に比べてたいしたことがないように思いますが…。
トンキチ
2017/09/27 00:19
こんにちは

確実に季節の時を刻む
花時計
芸術の秋堪能ですね
無門
2017/09/27 08:07
おはようございます。
神戸三宮に出かけるとこの花時計をいつも見ていましたが昭和32年稼働開始とは、そんなに長い歴史があるとは知りませんでした。
神戸の街の移り変わりを時を刻みながら見つめてきたんですね。
地下街にこのようなギャラリーがあったのですね。今度神戸に行ったときはぜひ寄りたいと思います(^^)

トンキチさんの写真、展示されているんですね。
多くの方がご覧になっているんですね。素晴らしいです
narayama2008
2017/09/27 08:42
さんちかタウン 初めてこのブログで見ました。
素晴らしいの一言です。有名な画家、彫刻家の作品が、展示されている
通路。ゆっくりと見てみたいです。
yoshi
2017/09/27 10:06
こんにちは。

神戸市役所の花時計は関西では有名ですね〜。
といっても、ちらっとしか見たことないです。。。
花時計ギャラリーですか。
こんな出来てたんんですね。
知りませんでした。
トトパパ
2017/09/27 10:42
【無門様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
長い年月、時を刻み続けてきた花時計。
季節の変化に敏感なことでしょう。
絵画を見るのが楽しい秋です。
トンキチ
2017/09/27 11:35
【narayama2008様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
こうべ花時計が昭和32年稼働開始とは、私も調べるまで知らなかったのです。
長い歴史の中で正確に時を刻み続け、今に至ったわけで、神戸の街の移り変わりをずっと見てきたのですね。
さんちか花時計ギャラリーはきれいになり、有名画家たちの絵が飾られ、市営三宮駐車場、市役所方面への通路になる同ギャラリーも健在です。
今度神戸に来たときはぜひどうぞ。(^^)
昨日26日まで写真が展示されていました。
多くの方がご覧になられたことと嬉しく思います。
トンキチ
2017/09/27 12:56
日本で初めて設置された花時計
年8回も植え替えられて素晴らしいです
駅名にもなっているのですね
地下街のギャラリーも圧巻で驚きました
静かでいつでも見られるのがいいです
トンキチさんのお写真も
飾られていらっしゃるのですね
ジュン
2017/09/27 13:34
  こんにちは。

 地下街の買いが、まるで、
美術館並みですよね。
画家の皆様に、拍手!
amefurashi 2899
2017/09/27 15:19
【yoshi様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
さんちかの画像は花時計ギャラリー付近の一部だけでしたので、心苦しいです。
三宮の地下街についてはとても華やかな、賑やかな場所ですので、またインターネットなどでご覧になってくださいね。
花時計ギャラリーは、有名な画家、彫刻家の作品等が展示されており、面白い通路です。
トンキチ
2017/09/27 15:56
ここの花時計は、日本で最初やったんですね。
そういえば、ボクが学生の時も見た記憶があります。
(60年前ではありません。(^^))
9/25に行かれたのなら、この後、一週間以内に植え替えなんですね。
年、8回も植え替えるなんてスゴイですね。
さすが、神戸は、こういう景観を大切にされますね。

花時計ギャラリーにしようか動物園にしようか、迷ったんです。
でも、やっぱり、動物園のコンテストなんで、動物園の方がイイかと思い行きましたが、このギャラリーの方が素適ですね。(^^ゞ
通路と言われなければ、美術館にみえます。
難波の地下街にも、ちょこっと、印象派を飾っている通路がありますが、もう、雑踏の中なので、情緒も何もありません。
あっ、勿論、飾ってるのは、本物じゃないですよ。
ここは、椅子もあって、寛ぐにはイイ場所ですね。
普段から、人通りは、多くないんですか?
さんちかって、梅田と比べると、綺麗でお洒落やと思います。
学生の時に、神戸の友達に連れられて三宮をウロウロした事がありますが、ダサイ大阪と違って、都会に来た感覚でしたもん。(^^ゞ

作品、確かに、豪華ですね。
ウエブをチェックした時に、色んな展示がされているという事でしたので、機会があれば、、是非、行ってみいと思っています

やっぱり、「花時計ギャラリー」に行って、中華街に餃子を食べに行けば良かったかなぁ…(^^ゞ
yoppy702
2017/09/27 15:59
花時計、震災にもめげず、もう還暦なんですねぇ。
ギャラリー、そうそうたる画家の陶板絵が展示されてるんですか。撮影O.Kなんですねぇ。
トンキチさんの作品も、展示されてて・・・はえますねぇ。
                                てくてく
てくてく
2017/09/27 16:09
【トトパパ様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
神戸市役所の花時計、関西では有名ですか。
日本で初めての花時計、今年還暦だったんですよ。長い年月稼働しています。
花時計ギャラリー、素敵な感じでしょ。(^^)
トンキチ
2017/09/27 17:19
【ジュン様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
日本で初めて設置された花時計、もう還暦になりました。
年8回ほど植え替えられ、見る人を飽きさせませんね。
地下鉄海岸線の「三宮・花時計前駅」という駅名にもなっています。
地下街のギャラリーは、本来、通路なのですが、きれいな空間を醸し出しています。
人通りが少なければ静かで、24時間いつでも見られるのがいいですね。
私の写真は狭い方の通路に展示されていましたが、昨日26日で展示終了となりました。
トンキチ
2017/09/27 17:34
【amefurashi2899様】
こんにちは。コメントありがとうございます!
さんちか花時計ギャラリーに展示の絵画は、有名な画家たちの作品を陶板に複製したものです。
素晴らしい作品ばかりでまさに美術館並みです!
トンキチ
2017/09/27 17:42
花時計ギャラリー、とてもいいですね。
地上の花時計もきれいですが、こんなところゆっくり歩いてみたいです。
トンキチさんの作品も展示されて、いっそうすばらしいギャラリーだったことと思います。
はるる
2017/09/27 18:53
【yoppy702様】
こうべ花時計は、日本初だったそうで、今年還暦になりました。
yoppyさんが学生の頃…見た記憶があるんですね。
花時計がまだ若かった頃に。(^^)
そう言えば、植え替え予定はもうすぐでした。
また見に行くことにします。
仕事の日は、朝夕三宮で電車を乗り換えてますので。
年に8回ほどの植え替えって、神戸市はスゴイ!と思います。
花時計ギャラリーにしようか動物園にしようか、迷わせてしまって申し訳ありません。
写真が展示された方の花時計ギャラリーは、さんちか中心から三宮駐車場・神戸市役所を結ぶ地下通路で、朝夕はもちろん、昼間でも人の往来はあります。
見るだけなら特に障害はありませんが、展示風景の写真撮影は照明とガラスの反射の関係で上手く撮れませんし、人の往来のため撮影しづらく止めました。
yoppyさん、動物園に足を運んでくださったんでしたね。ありがとうございます。m(_ _)m
画家たちの絵が展示されている側の通路、まるで美術館のようで素敵でした。
難波の地下街にも、同じようなところがあるんですか。でも雑踏になるとちょっと厳しいですね。
花時計ギャラリー付近は、朝夕の通勤通学時間帯はたぶん雑踏だと思いますが、それ以外は空いていると思います。
大阪の人に、さんちかや三宮を都会などと過分に褒めてもらって嬉しく思います。
私は神戸っ子じゃありませんが、長年神戸市内で働き、今も仕事の日は三宮を経由して通勤しており、思い入れが強い街です。
yoppyさん、やっぱり、花時計ギャラリーに行って、中華街に餃子を食べに行った方がよかったんじゃないですか…(^^ゞ
トンキチ
2017/09/27 21:01
地上の花時計は知ってますが。。。でもパセリは(笑)

地下に花時計ギャラリーがあるんですね
全然知りませんでした

トンキチさんの写真の展示は終わってしまったんですね
すごいですね
きっと沢山の人が見たんでしょうね
とまる
2017/09/27 21:54
この花時計は、スイス・ジュネーブにあるイギリス公園の花時計をモデルに制作されたものです。
昭和32年、神戸市役所の完成と同時に時を刻み始めました。
トンキチさんが仰るように日本で初めて設置された花時計です。
更に、これは日本で神戸が最初とされる68件の一つなんです。

神戸凮月堂ミュージアムに展示されていた人魚像の作者、新谷英子が亡くなった事は知っていましたが、記事にそぐわないので伏せていました。
ここで、明らかにしてくれたので、安心しました。
神戸生まれで、
市内の人が行き交う通りに展示されている作品が多くあり、
今も、彫刻の街神戸を飾ってくれています。

小磯良平も神戸生まれの画家で、その美術館があるのはご存知のようで、
是非来館して欲しいですね。

花時計ギャラリーへ行かれたのに、トンキチさんの作品は?
以前記事にしていたとはいえ、ここが再登場の場です。
美術館並みの豪華な作品に並べられて、展示しているんですから。
私もこの通りは時々歩く所で、トンキチさんの作品も拝見しましたよ。
人が行き交う通路が豪華な美術館ですから、神戸市も太っ腹ですね。
アルクノ
2017/09/27 22:25
こんばんは!
60年もの歴史ある花時計、年に8回も植え替えられて時を刻んでいるとは素敵ですね。
花時計ギャラリーは通路が美術館になっているんですね。いつでも歩きながら観賞できるとは良いですね。トンキチさんの作品も飾られているんですね。素晴らしいです。
eko
2017/09/27 23:18
【てくてく様】
おはようございます。コメントありがとうございます!
花時計、もう還暦だなんて…凄い歴史をつくってきましたねぇ。
震災のとき、壊れなかったんでしょうか。
ギャラリー、画家たちの陶板絵が展示されており、複製とはいえ圧倒的な力を感じます。
現場は24時間誰でも通行できる公共の場所なので撮影可否は問題なしです。
トンキチの作品は、26日までの展示でした。
トンキチ
2017/09/28 06:34
【はるる様】
おはようございます。
コメントありがとうございます!
花時計ギャラリー、とてもいい空間で、地下通路なんですが、圧迫感はありませんでした。
地上の花時計もきれいでしょ。
ギャラリーに花時計の名前がつけられているので、本家本元の花時計を冒頭に取材しました。
こんなところをゆっくり歩いてみるのも楽しいです。
トンキチの作品も展示されていましたが、26日で終わりました。
きっといい思い出になりますね。
トンキチ
2017/09/28 06:54
【とまる様】
おはようございます。
コメントありがとうございます!
花時計にパセリが植えられ、ギョッとしました。
自分なりに考えてみましたら、たぶん野鳥が食べない、荒らさないのを植栽しているんだろうと思います。
地下に花時計ギャラリーがあり、通行人の憩いになってます。
素敵な空間なので、今度またここの椅子で休んでみたいと思いました。
トンキチの写真の展示は終わりましたが、次々写真の展示会が行われていますので、人の写真を見て学びたいと思います。
トンキチ
2017/09/28 07:16
【アルクノ様】
こんにちは。
コメントありがとうございます!
この日本初の花時計は、昭和32年、神戸市役所の完成と同時に時を刻み始め、今年還暦でした。
日本で神戸が最初とされる68件の一つだそうで、
たくさんあるんで驚きました。

彫刻家新谷英子や画家小磯良平などを輩出した神戸…言うまでもなく、素敵な街です。

今回、花時計ギャラリーにはたしか3回足を運びました。
2回撮影しましたが、照明の反射等でうまく撮れなかったので止めました。
そんなことで、記事には写真を載せていません。
たくさんの人に見てもらい、幸せな思いができただけで十分です。
アルクノさんにも見てもらい、感謝します。(^^)
トンキチ
2017/09/28 15:12
【eko様】
こんにちは。
コメントありがとうございます。
こうべ花時計、私もこんなに長い歴史があったとは知りませんでした。
そう言えば、ずっと前からそこにありました…。
花も年に8回ほど植え替えられ、見る人を飽きさせませんね。
花時計ギャラリーは通路が美術館さながらです。
いつでも歩きながら観賞できる素晴らしいギャラリーです。
トンキチの作品も飾られていましたが、26日で終わりました。
トンキチ
2017/09/28 15:15
神戸の花時計は 日本初 だったんですね。
神戸は 昔から いろいろ楽しいことを考えられて 
素敵な街ですね。
花時計ギャラリーも おしゃべりや 食事もできて
楽しく過ごせる ホントに 素敵な美術館ですね。
そんな場所に トンキチさんの作品が 展示されていたんですね。
素晴らしい〜です。
フラバーバ
2017/09/28 22:02
私のハンドルネームの由来がばれてしまいましたね。(^^;
隠していたわけではないのですが。

神戸市立小磯記念美術館はアルクノさんの六甲アイランドに関するブログ記事で知りました。是非行ってみたいです。

兵庫県立美術館には「小磯良平記念室」と「金山平三記念室」の両方があります。田村孝之介の作品はなかったような気がします。

降魔成道
2017/09/28 22:16
【フラバーバ様】
おはようございます。
コメントありがとうございます!
神戸の花時計は今年還暦だったようですが、日本初だったということです。
秋の神戸は、街をあげてマラソンで盛り上がると思いますが、昔から楽しいイベントが多く、ホントに素敵な街です。
花時計ギャラリーも憩える所で、いつでも有名な画家たちの素敵な絵画を鑑賞できる美術館さながらの地下通路です。
写真の展示会、いい記念になりました。(^^)
トンキチ
2017/09/29 09:04
「こうべ花時計」素敵ですね。
季節ごとの植え替えは大変だと思いますが、
シンボルなので大事にしてほしいものです。
パセリが植栽になってるのも面白い気がしました。
「花時計前駅」「花時計ギャラリー」など、
名前として定着するほど親しまれて来たんですね。
入賞作の展示、改めておめでとうございます。
yasuhiko
2017/09/29 13:47
【降魔成道様】
こんにちは。
降魔成道さんのハンドルネームの由来、高尚で驚きました!
神戸市立小磯記念美術館で、11月に小磯良平の師藤島武二展が開催されますので、その機会にぜひ足を運びたいと思います。
また、兵庫県立美術館には「小磯良平記念室」と「金山平三記念室」の両方があるそうで、ここも行ってみたいですね。
トンキチ
2017/09/29 15:39
トンキチさんの写真はもう展示が終わり残念ですが、
またまた神戸で行きたい場所が増えました。
ブログを参考にさせていただいて、効率よく
回れるルートを練らなくてはね。
つばさ
2017/09/29 16:15
【yasuhiko様】
こんにちは。
コメントありがとうございます!
「こうべ花時計」素敵でしょ。
季節ごと以上の植え替えや、日常の管理は大変でしょうが、神戸の街のシンボルとして大事にしてほしいです。
パセリが植栽になってるのにギョッとしましたが、きっとハトなど野鳥に食い荒らされないための工夫なのでしょう。
「花時計前駅」「花時計ギャラリー」など、
名前として定着するほど親しまれており、素敵な相乗効果を発揮していると思います。
嬉しい写真の展示でした。(^^)
トンキチ
2017/09/29 17:36
【つばさ様】
こんにちは。
コメントありがとうございます!
神戸で行きたい場所…まだまだたくさんあります。
ブログでは紹介しきれませんが、もし参考になるなら嬉しく思います。
あまり無理をなさらないよう、ほどほどがよろしいかと思います。
要は、楽しむことですから!
トンキチ
2017/09/29 17:37
とんきちさん、こんにちわ^^
日本初の花時計ですか!多分これまで写真記事等で見かけたと思いますが、素朴でいい花時計ですね🌸
花時計ギャラリーいずれも名作がずらりと、立派です。
陶板ギャラリーは見事の一言。駅の構内にこんな逸品が並ぶとは、芸術文化に親しめる良い街なんですね🎶小磯良平さんは人物群像が得意なんですね、西洋画の影響が香る繊細な雰囲気。金山さんの風景、飾り気なく気持ちがいい、田村さんの絵も大胆でリズム感に満ち、力強い。トンキチさんのPICK UP、すっきりして素直なチョイスですね^^
いつも見どころあるブログをありがとうございます。
ちいかめ
2017/09/30 20:26
【ちいかめ様】
こんばんは。
コメントありがとうございます!
日本初の花時計、私が生まれる前からそこにあるものですから、空気と同じような感じです。(^^)
今日あたり見に行っていれば、おそらくまたデザインも変わっていたんじゃないかと思います。
花時計ギャラリーは、いずれも神戸にゆかりのある画家たちの名作が並んでいます。
陶板に複製した絵ですが、お見事ですね。
原画がどこにあるのか知りませんが、また追々探してみることにいたします。
知的好奇心をくすぐる遊びです。(^^)
芸術の秋とか言いますが、小磯記念美術館とか、県立美術館とか、神戸にありながら行ったことがありませんので、散策がてらまた訪ねてみたいです。(=^・^=)
トンキチ
2017/09/30 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
「さんちか花時計ギャラリー」へ よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる