よしひさの山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS お伊勢さんへ(4月4日・内宮編)

<<   作成日時 : 2018/04/13 05:34  

ナイス ブログ気持玉 184 / トラックバック 0 / コメント 38

 朝は5時頃目覚め、しばらくして朝風呂を浴びに行った。

 海に面した露天風呂からの眺めが素晴らしかった。

 7時から朝食を食べた後、海に面したデッキに出て、朝の海を眺めた。

画像


画像


 8時頃にチェックアウトし、伊勢神宮の内宮に向かった。

 8時50分頃、宇治橋を渡った。

 この橋は、日常の世界から神聖な世界へ、そして人と神とを結ぶ架け橋といわれるという。

画像


画像


 内宮は、「皇大神宮」(こうたいじんぐう)といわれ、皇室のご祖神の天照大神をお祀りするわが国で最も尊いお宮である。

 五十鈴川の川上に悠久の森に包まれ、2000年の時を超え、古代の佇まいが伝わっている…。

 宇治橋を渡り終え、広い参道をゆっくりと進んだ。

画像


 「神苑」の様子。

画像


 ツツジのピンクが鮮やかだった。

画像


 「手水舎」

画像


画像


 先に進むと、ほどなく「五十鈴川御手洗場」に至った。

 参拝前に心身を清める場所で、清流の五十鈴川で身も心もリフレッシュしてからお参りするとよい。

画像


画像


画像


 参道を先に進み、「お神札授与所・ご祈祷受付」に向かった。

画像


 かつてお祓いなど受けたことはなかったが、今年は人生最後の本厄になり、参拝の記念にもなるので、「御饌」(みけ)というご祈祷を受けたのだった。

 連れ合いと共に御饌殿に上がり、お祓いの後、神饌(しんせん)のお供えや祝詞の奏上が行われた…。

 ほとんど頭を下げているばかりだった。(-_-;)

画像


 その後、清々しい気持ちで参道を進み正宮に向かった。

画像


画像


 正宮前の石段下に到着。

画像


画像


 正宮は撮影禁止なのでこれ以上は遠慮した。

 正宮は内宮の中心となるお宮で、およそ2000年前からここ五十鈴川のほとりに鎮まり、正式には皇大神宮という皇室の御祖先であり、我々国民からすれば総氏神のように崇められる天照大御神をお祀りしており、敬虔な気持ちで参拝した。

 神宮の域内には巨木が多いが、この木はみんなが触るので表面がツルッツルになっていた。

画像


 「御稲御倉」(みしねのみくら)は、神田で収穫されたお米が収められているといい、神明造の建物だった。

画像


 「外幣殿」(げへいでん)は神明造の高床式の建物で、内宮は正宮御垣の外にあるが、外宮は御垣の内にあるという。

画像


 別宮「荒祭宮」(あらまつりのみや)は、内宮所属の10別宮のうち、第一に位しているといい、殿舎の規模も正宮に次ぐ大きさで、ご祭神は天照大御神の荒御魂(あらみたま)という。

画像


画像


 「四至神」(みやのめぐりのかみ)は、内宮神域の守り神で、四至とは神域の四方を意味するという。

画像


 お神札授与所で、「五十鈴」、「神盃」、「御守」を求めた。

 鈴は古くから災いを祓う具として神事などに用いられ、この五十鈴は、五十鈴川上流の清浄な土を用い、その年の干支(戊犬)に因み謹製されたというものだった。

画像
 

 歩いていると、「華道家元池坊」という幟を先頭にした長い行列が続いた。

画像


 池坊華道会による献華式という行事があるようだった。

 この一団より先に参拝を済ませていてよかった。

 「参集殿」では同華道会の会員による生け花が展示されて華やいでおり、ここでちょっと休憩した。

画像


 外に出ると白いツバキがきれいに咲いていた。

画像


 ドウダンツツジも。

画像


 立派なモミジの古木があった。

画像


画像


 いくつか別宮など端折ってしまったが、あまり神経質になってもつまらないので、10時半過ぎ頃、宇治橋を渡って日常の世界に戻ることにした。

画像


 宇治橋の上からまだ若干残っていた桜を眺めた。

画像


 内宮参拝後は、おはらい町通りを歩き、おかげ横丁を冷やかすことにし、5年前にも立ち寄った「赤福」で赤福餅を食べたかった。

画像


 軒下にはツバメが帰ってきていた。

画像


 赤福の創業は宝永4年(1707年)、この赤福本店は明治10年(1877年)からこの場所で営業を続けている老舗だった。

画像


 店内に入ると地元三重県産の番茶を焙じる香りが漂っていた。

画像


 運ばれてきた「盆」は、赤福2個入り(番茶つき)で210円(税込)だった。

 疲れた体にこの控えめな甘さが心地よく、香ばしい番茶がさっぱりとした味だった。

画像


 庭に咲く枝垂れ桜がきれいだった。

画像


 おかげ横丁を歩く。

画像


画像


画像


画像


 こんな宝くじ売り場があった。

画像


 帰りも高速を走り、夕方には帰宅した。

 一泊旅行であちこち欲張らず、ゆっくりとしたプランを立てれば、案外楽なことが実感できたので、たまにこうした旅行もありだと思った。<完>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 184
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

コメント(38件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

8時50分頃でこの人ですか。
少ないですね。
伊勢神宮はいつも人がいっぱいというイメージがあります。
おかげ横丁も人が少ないですね。
ゆっくり楽しめますね。
トトパパ
2018/04/13 13:38
【トトパパ様】
こんにちは。
8時50分頃でこの人でしたよ。
閑散としててよかったです。
伊勢神宮はたしかに人がいっぱいというイメージがありますが、よく空いてましたね。
まだ春休み中でしたのに。
おかげ横丁も人が少なく、ゆっくり楽しめました!
トンキチ
2018/04/13 17:21
伊勢神宮の参拝も森林浴が存分に出来るし、
五十鈴川の辺りも素敵ですよね。
食いしん坊の私は、やはりおかげ横丁がいつも楽しみでした。
赤福餅も大好きですが、伊勢うどんの歯ごたえも独特で
干物なども買って帰ったかな〜、懐かしいです。
つばさ
2018/04/13 19:46
こんばんは。

宿の露天風呂は海に面していたのですね。海の音を聞きながら湯に浸かる、至福の時ですね(^^)
内宮はもっと混んでいると思いましたが、意外と空いていたんですね。
これならゆっくりと参拝できますね。
それにおかげ横丁、ここはいつも混んでいるという印象が強いので、これだけ空いているのはビックリです。
旅行に行ってどこも人混みばかりですと疲れますが、このように空いているとゆっくり出来て良い旅行になりましたね(^^)
narayama2008
2018/04/13 19:51
【つばさ様】
こんばんは。
伊勢神宮では、森林浴が存分に出来ますね。
五十鈴川のきれいな水の流れに癒されます。
御手洗場のところでは、小さな魚がたくさん泳いでいました。
内宮参拝後はやはりおかげ横丁ですが、今回昼にはまだ早かったので赤福に行きました。
5年前の参拝時には、伊勢うどんを食べた記憶が残っています。
独特の味で美味しくいただきました。
干物なども買って帰られたのですか。
たくさんいろんなお店が軒を並べていますからね。
いろいろ冷やかし、楽しかったです!
トンキチ
2018/04/13 20:23
【narayama2008様】
こんばんは。
宿の露天風呂は海に面していました。
男女交替制でしたので、朝が男風呂になり、朝方入りました。
海の音を聞きながら湯に浸かる贅沢、まさに至福の時でした。(^^)
内宮は思いのほか空いていて、ゆっくりと参拝しやすくてよかったです。
おかげ横丁も混んでいるというほどのこともなく、おかげさまでゆっくり楽しませてもらいました。
旅行先で人混みばかりですと本当に疲れますよね。
今回、どこに行っても空いていて、ゆっくりした一泊二日の旅を楽しむことができました。良い旅行だったと思います。(^^)
トンキチ
2018/04/13 20:33
朝の海なんともいえないくらいすばらしいです。
五十鈴川、ここはいいところですね。しばしたたずんだことを覚えています。
大きな木も驚きますね。
おかげ横丁は楽しいでしょう。
写真を見せていただくだけで清められるような気がします。
いい旅になりましたね。
はるる
2018/04/13 21:07
こんばんは。
やはり神社の最高位という感じがしますね。
お伊勢参り、素晴らしい旅行でしたね。
パワースポットして、若い方の参拝も多い
ようですね。
おかげ横丁も楽しいし、赤福も美味しい
私も又、行ってみたいなと思いました
ゴンマック
2018/04/13 22:24
【ゴンマック様】
こんばんは。
伊勢神宮が、神社の最高位というのはもちろんその通りだと思います。
お伊勢参り、何度行っても清々しいですね。
今回も清々しい気分に浸れました。
パワースポットとして、若い方の参拝も多いと思います。
おかげ横丁も楽しいし、赤福も文句なしに美味しいです。
いい一泊旅行になりました。
トンキチ
2018/04/13 22:42
海に桜。海は鳥羽の海ですか?
長閑ですねぇ。良いですねぇ。

鳥居に光芒、神々しい。内宮に相応しい絵ですね。
五十鈴川も、清らか。森も荘厳。正宮、ヤッパ一般の神社さんと雰囲気、全然違いますね。外宮以上に、背筋がピンとなります。
御稲御倉、神明造りなんですか。古代の建物の標本ですね。

華道家元池坊さん、派手なお詣りですね。保子さんもお参りしたんですかねぇ。^O^
桜の生け花よりも、その下、白い椿の方が、良いですね。^O^

ン・・・おかげ横丁、歩きやすそうですね。昔行ったときは、雑踏でした。お店も満員で。
赤福のお店、変わってないですね。帰って来たツバメくんも、なんか、懐かしそう。^O^
宝くじ売り場、毎回、1等が当たりそうです。^O^

ヤッパリ、旅は近場でも、一泊二日ですね。お伊勢さんの雰囲気、楽しませて頂きました。有難うございました。そして、540Kmお疲れさまでした。
                                  てくてく
てくてく
2018/04/13 22:45
【はるる様】
朝の海、ティーラウンジの外のデッキから眺めましたが、本当に素敵な光景でした。
五十鈴川の清流、見惚れてしまいますね。
宇治橋の上や御手洗場でしばし佇んでしまいます。
小さな魚がたくさん泳いでいましたね。
神宮域内は巨木も多く、歴史の古さを思わされます。
おかげ横丁は、厳かな神宮との落差が大きく、楽しさが倍増しますね。
いい一泊旅行が出来たと喜んでいます。
トンキチ
2018/04/13 22:53
朝風呂に入り、参拝や色んな花や桜も見れたんですね
日帰りよりも、ゆったり出来たようで良かったです

赤福もち。。。長いこと食べてません
食べたいです(笑)
とまる
2018/04/13 23:49
【てくてく様】
海に桜もいいなと思いました。
この海は宿から見た鳥羽の海です。
本当に長閑な感じがしました。

鳥居に朝の光芒が差す神々しい光景を見て宇治橋を渡り、内宮の域内に入りました。
五十鈴川で手を洗って心身を清め、森閑とした参道を進み、正宮へと向かいます。
正宮では信仰心のない私でもお参りの作法を心がけ拝みます。
ここは現世とは隔絶した趣がありました。

華道家元池坊さん、ゾロゾロと派手なお詣りでした。保子さんは見なかったです。

生け花より白い椿の方がいいですよね。
いつも思うのですが白いものは撮影が難しい。
私の場合は偶然に頼るだけの撮り方です。(-_-;)

神宮もおかげ横丁も案外人が少なくて歩きやすかったです。
混み具合は、参拝の時期、曜日、時間帯などによるのでしょう。

赤福のお店、変わってませんでした。
いつまでもこの佇まいであってほしいです。
ご利益のありそうな宝くじ売り場、毎回、1等が当たりそうですねー。

旅は近場でも、一泊二日がゆっくり楽しめていいですね。
お伊勢さん5年ぶりでしたが、観光を兼ね楽しみました。
トンキチ
2018/04/14 06:34
【とまる様】
朝風呂は旅の醍醐味ですね。
最高の贅沢を味わえました!
神宮に厳粛に参拝して心を清浄にし、神域に咲く花や樹々を眺めると心が落ち着きました。
やっぱり、日帰りできるところでも、泊まった方がゆっくりできてよかったです。
赤福餅、美味しかったですよ。
トンキチ
2018/04/14 07:01
神聖な世界へ
素晴らしい世界に
浸らせていただいました
厄払いもなさって良かったです
ゆっくりとしたプラン
歳と共に楽しみ方が変わって来ます
ゆっくり楽しまれたご様子
素敵な解説楽しませていただきました
ジュン
2018/04/14 09:59
朝食後のデッキで眺める
海辺の桜が素敵ですね。旅情を感じます。
内宮でゆっくり参拝できたのは何よりでした。
五十鈴川に因む名前の土鈴が可愛らしい。
その昔、私も内宮参拝のお土産で、
神官と巫女さんの姿の土鈴を買ったのを思い出しました。
yasuhiko
2018/04/14 11:06
こんにちは!
朝の鳥羽の眺めも素敵ですね。ちょうどヤマザクラも咲いては華やいでいます。
内宮参拝、やはり人が少なくてゆっくり出来ますね。御祈祷も受けられて厄除けになりましたね。
内宮参道は鉾杉の木が多くて花木は少ないですが、この時期は所々で花が咲いて良いですね。一度だけ友人と梅の季節に行ったことがあります。お正月とは違ってピンク色の花が咲いていると華やぎます。
おかけ横丁も空いていて赤福餅もゆっくり楽しめて良いですね。
1泊で行くとのんびり外宮と内宮に参拝出来、鳥羽の海の幸も楽しめて良い旅でしたね。
eko
2018/04/14 12:29
【ジュン様】
普段は縁遠い神聖な世界を垣間感じてきました。
必要最低限の信仰心を持ちたいものと痛感しました。
厄払いも初めてしました。
ゆっくりとしたプラン、急かされないのでいいなと思いました。
そういう時間の過ごし方、たまには有効ですね。
トンキチ
2018/04/14 14:53
【yasuhiko様】
海辺の桜が意外に素敵でした。
普段見れない海景色で旅情がありました。
内宮は幸いにも混んでませんでしたので、ゆっくり参拝できました。
五十鈴の土鈴が可愛らしく、振ればいい音が鳴ります。
伊勢神宮参拝で、赤福が定番化してきました。
トンキチ
2018/04/14 16:08
【eko 様】
こんにちは!
朝の鳥羽の海景色が素敵で、ヤマザクラが華を添えていました。
内宮は人が少なくて、ゆっくり参拝できてよかったです。
人生で初めて厄除けのご祈祷を受けてみましたが、いい気分になりましたね。
内宮参道の佇まいが何とも言えない清々しさでした。
そう言えば、参道に埃がたたないように散水車が水を撒いていました。
白いツバキの慎ましさもいいのですが、ツツジのピンク色が目を惹きました。
散りかけていましたが、まだ桜もありましたよ。
おかげ横丁も空いていて、赤福餅もゆっくり楽しめましたし、庭の枝垂れ桜がなかなかのものでした。
仰る通り、一泊で行くとのんびり外宮と内宮に参拝でき、鳥羽の海の幸も楽しめて良い旅でした。
トンキチ
2018/04/14 18:07
内宮で献華式に遭遇され、グッドタイミング、良かったですね。
赤福餅 賞味したいですね。お土産で貰ったこともありますが、、、。
しだれ桜が華やかですね〜〜。
なかなか行かれない場所ですが、見せて戴き感謝です。
yoshi
2018/04/14 19:47
やはり神宮は別格ですよね。ここは空気が違うような気がします。
私も旅行するときは足早に見て回ることがありますが、一泊二泊してゆっくりと過ごすのも良いですよね。1週間〜1ヶ月の滞在型旅行もしてみたいですが、定年退職後でないと無理ですね。旅先では私も朝風呂しますが、海に面した露天風呂なんて羨ましいですね。
降魔成道
2018/04/14 20:25
【yoshi様】
こんばんは。
内宮で華道家元池坊の献華式に出合い、悪い気はしませんが、グッドタイミングなのか、良かったのか、微妙でした。
先にこちらが参拝を済ませていたので、その点はよかったと思います。
伊勢茶とともにいただく赤福餅は美味しいですねぇ。
歴史の古い赤福本店で賞味するお味は格別ですよ。
このお庭のしだれ桜が華やかでした。
トンキチ
2018/04/14 21:02
【降魔成道様】
こんばんは。
私も神宮は別格だと思っています。
内宮は宇治橋を渡るとたしかに空気が違って感じられますよね。
私もこれまで一泊二日の旅行なら、これでもかというほど観光をしてきました。
今回同じ一泊二日でも、とにかくコンセプトは「ゆっくり」ということで、出発もゆっくり、道中もゆっくり、参拝も1日でなく2日に分けて、お宿も静かな場所で静かな時間を過ごして…というように、敢えてスローペースで時間の流れを楽しんだつもりです。
トンキチ
2018/04/14 21:23
いつもありがとうございます<(_ _)>
お伊勢さん、懐かしいです。
もう何年になるのかな。
こんな風によく晴れた5月に行きました。
奈良の美しさに感銘した後、帰りに寄ったのですが、
電車の窓から海もちらっと見えて、写真に撮りそこない、残念でした。

このわたしたちが食べた赤福もおそらくこのお店ですよ✨
すごく趣のあるお店で、裏の川に面して座敷やテーブルでいただくことができて、なんだか江戸時代にタイムスリップしたような奥深さがありました。
この美しい横丁でお店を出すことのできる人たちは、まったく幸せなことだと感じました。
関東では風の強い日が続いて雨少なく、ほこりっぽい日が続いていたのですが、今日は風は強いですが久しぶりにお湿りになりました^^❁☂
ちいかめ
2018/04/15 05:38
【ちいかめ様】
おはようございます。
千美展ご盛会おめでとうございました!
以前、お伊勢さん、奈良の帰りに寄られたのでしたね。
その季節は5月というと、一年中で一番さわやかなときですね。
車窓から見えた海、きれいだったことでしょう。
風景を見て心のシャッターを押していれば、心の中にいつまでも残りますよ。
ちいかめさんたちが食べた赤福も、この赤福本店だったようですね。
私も裏の川に面した座敷で食べました!
このお店、もう140年くらいになるようで、歴史を感じますね。
おかげ横丁、楽しませてもらいました。
今朝は昨日来の雨も上がり、徐々に晴れてきそうです。
トンキチ
2018/04/15 06:18
こんにちは!
素晴らしいですねぇ〜。
日本が古い歴史を持った誇り高い国だと改めて実感しました。
この国をつまらない政治家や官僚が汚してはならないと思いますね。
五十鈴川の流れ、思い出しましたよ。
高校の修学旅行で河原に降りて手を清めている時、写真を撮られて新聞に載りました。
懐かしい思い出です。
一泊してゆっくりなさったご様子、厄落としがしっかりできましたね。
これからますますお幸せに〜。
うふふ
2018/04/15 15:06
早朝の露天風呂から眺める海…
未だ、薄っすらとした景観ですか?
夜明け前のぼんやりした空気の中で、一羽の鳥のさえずり…
なんかが、聞えてきちゃったりして。(^^ゞ
そして、朝食後は、しっかりと明けた海。
気持が新たになります。
ここ、こんなとこに桜があるんですか!

いよいよ内宮。
ここは、何年か前に行ってるので、景観に記憶があります。(^^ゞ
お清めは、五十鈴川に行きました。
昔は、ここで、全身を清めてたそうですが…
確かに、ここやったら出来ますね。
今、やると、お叱りを受けそうな感じもするけど。(^^ゞ

正宮前の石段の所に、警備の方は居られませんでしたか?
ボクが行った時は、居られて、厳しく写真撮影のチェックをされていました。
トンキチさんは人生最後の本厄で、それで、今回はご祈祷も授けられた。
イイ事です。
絶対に、御加護があります。(^^)
60才の次に120才は厄年とちゃうんやろか?(^^ゞ
ボクは、無理やけど、トンキチさんは元気そうやから、120才は、あり得るかも。(^^)

みんなが触る木ってのがあるんですね。
知りませんでした。
表面がツルツル…
サルが嫌がる木ですね。(^^ゞ

別宮様だけでも多いですから、摂社、末社に至ると、とても詣りきれないですね。
別宮様だけでも、10ヶ所程あったんとちゃうかなぁ…
それに、早く、赤福を食べにいかなアカンし。(^^ゞ
五十鈴川を見ながら、赤毛氈の上で、食べる赤福、最高ですよね。
伊勢うどんは、食べられなかったんですか?

ゆっくり伊勢まいりの旅…
見ているだけで、癒された旅レポでした。
お疲れ様でした。(^^)
yoppy702
2018/04/15 17:46
【うふふ様】
こんにちは!
日本は本当に素晴らしい歴史のある誇り高い国なのですが、政治家や官僚などが何かチマチマと重箱の隅をつつくような議論ばかりしている印象が拭えません。
清廉な気持ちでもっと襟を正し、国家国民のために奉職してもらいたいです。

五十鈴川の河原での思い出ですね。
「高校の修学旅行で河原に降りて手を清めている時、写真を撮られて新聞に載りました。」とは懐かしい思い出ですね〜。
きっと可愛いJKだったのでしょう!

お伊勢参りで一泊してゆっくりと過ごし、厄落としができました!!
トンキチ
2018/04/15 19:20
【yoppy702様】
早朝の露天風呂から眺める海…まだ薄明るかったように思います。
残念ながら鳥のさえずりは気づかず、さえずっているのは間違いなかったのですが、耳に届かなかっただけです。(^^)
朝食後は、海に面したデッキで、実は一服しながら眺望を楽しんでました。(-_-;)
あの桜、どなたかが写真を見てヤマザクラと仰ってましたが。
内宮では、手水舎で心身を清めたばかりなのに、五十鈴川の御手洗場があり、そこでもお清めしました。
昔は、ここで全身を清めてたんですか…ここやったら出来ますけど、程度次第では警察に通報されると思います。(-_-;)
正宮前の石段の所に、警備の方はいなかったです。
厳しい写真撮影のチェックなんてしてませんでしたが、混雑の度合いで、そんな時期があるのかも知れませんね。
人生最後の本厄で、今回初めてご祈祷を受けてきました。
絶対に御加護がありますか…そう言ってもらえば嬉しいですね。(^^)
健康には自信がない方でして、60歳まで生きられて嬉しいですよ。
もう終活をしようと思っているんです。いつ死んでもいいようにと…。
正宮の近くに、みんなが触る木があり、表面がツルツルになってました…。
私は何でか触りませんでしたが、決して潔癖症ではありません。
別宮など全部はお参りできませんでしたし、まあ観光が主目的でしたから。
赤福を食べにいかなアカンしとは、お見通しですね。
五十鈴川を見ながら、伊勢茶を飲んで食べる赤福、最高です!!
伊勢うどんは、前回食べましたが、今回は食べそこねましたっていうか、時間のタイミングが合わず、帰りの安濃SAで「伊勢ラーメン」を(嘘)、普通の味噌ラーメンをいただきました。
ゆっくりとお伊勢まいり…。
見ているだけで癒された旅レポってホンマですか。メッチャ嬉しいコメントでした。
トンキチ
2018/04/15 21:35
おはようございます。

いいなあ、お伊勢参り。

それに海を見ながらの露天風呂、最高ですね!

まだ一度も訪れたことがないので、もう少し歳を重ねたら行こうと思ってます(^o^)
koji
2018/04/16 07:51
【koji様】
おはようございます。
お伊勢参り、楽しんできました。
宿が海に面した場所にあり、朝方、海を見ながらの露天風呂、最高でした。
またいつか、機会があれば、お伊勢参りもいい観光になると思います。(^ ^)
トンキチ
2018/04/16 08:52
こんにちは♪
お伊勢さん、楽しめますね。行ってみたいです。
春風が吹く爽やかなこのくらいに時期に行くのが
いいでしようか、露天風呂からの桜も見れるし(^^)
本厄で厄払いに、清々しい気持ちで迎えられそうで
良かったですね。
赤福はお土産で頂いたことがあるけど
お店が流石、老舗ですね。古めかしい佇まいで
ゆっくりとおしゃべりしながらお茶を頂けそうですね!
とわ
2018/04/16 16:32
【とわ様】
こんにちは。
5年振りのお伊勢さん、観光としてゆっくり楽しみました。
春風が吹く爽やかな時期がいいですし、桜を見るなら、4月初めの頃がいいでしょう。
最後の本厄で、初めて厄払いをして、清々しい気持ちになりました。
内宮参拝後はおかげ横丁を楽しみ、赤福本店には絶対寄ろうと思ってました。
ほうじ茶と赤福餅2個で1人210円。
縁側に座って、枝垂れ桜を眺めながらいただきました。(^ ^)
トンキチ
2018/04/16 18:35
海に面したデッキに出て、朝の海を眺めた写真、
船上からの写真かと思いました。
素晴らしい宿ですね。

宇治橋を渡るとき、厳かな気分になった事を思い出します。
朝であれば、なおさらだと思います。
参道を行く人も少なくて、宿泊客なのでしょうね。

4月4日で、ツツジがこんなに綺麗に咲いていましたか。
我が家の裏にあるツツジはまだ全然です^^:
私が、初めてお伊勢さんにお参りしたのは小学生の時でした。
まだ冷たい五十鈴川に両手を差し入れた事を思い出します。
季節の詳細は忘れてしまいましたが。

今回お参りしたのは、人生最後の本厄だからでしたか。
厄年に大病を患うとか耳にするので、気を付けて下さいね。
人生の転換点とも言われているので、お伊勢さんにお参りして、いい方向に向かう事と思います。
巨木の長寿にあやかりたいと思うのは、誰しも同じで、
何時も撫でまわしています^^)
そのパワーも頂ける気分になります。

最後は赤副餅で落ち着けたのでは?思います。
おかげ横丁は、心和む所で、伊勢参りはここで〆となりますね。
後はご利益が現れるを、祈っています。
お疲れ様でした。
詳しい説明で、私もお参りしたような気分になりました。
アルクノ
2018/04/16 22:31
【アルクノ様】
海に面した宿でしたが、毎日この風景を眺めていると、さすがに飽きてしまうのでしょうね。
朝、宇治橋を渡るとき、厳かな気分になりました。
まだ参道を行く人も少なく、お参り日和でしたね。
ツツジは少なかったものの、こんなに鮮やかに咲いていました。
アルクノさんが、初めてお伊勢さんにお参りしたのは小学生の時でしたか。私もそうでしたよ。
五十鈴川でお清めされた思い出が蘇りましたね。
今回お参りしたのは、あくまで観光が主目的で、厄祓いは付け足しでした。
厄年に大病を患うことがあるそうなので、くれぐれも気を付けたいと思います。
人生の転換点…お伊勢さんにお参りして、いい方向に向かえば嬉しいですね。
みんな巨木の長寿にあやかりたいのですよね。
私もこれからそんな機会があれば、撫で回してパワーを分けてもらいます。(^ ^)
伊勢の最後は、赤福餅で落ち着きました。
ここも老舗ですので、日本人にはしっくりしますね。
トンキチ
2018/04/17 08:25
宇治橋は聖俗界を分ける境界と言われているそうですが、
写真を拝見してても、空気が違うように感じられます。
苔むした屋根もいいけれど、御饌殿の屋根の曲線も素敵ですね
歴史のあるお店でいただく赤福は、いつにも増して美味しく感じられたのではないでしょうか。
贅沢に時間を使われたゆったり旅、いい旅でしたね。
すずりん♪
2018/04/17 17:10
【すずりん♪様】
宇治橋は聖俗界を分ける境界…なるほどなと思います。
そんなに早いという時間帯でもなかったのですが、人が閑散としていてお参りしやすく、ラッキーだと思いました。
たしかに内宮域内の空気は凛とした雰囲気だったように感じられました。
「御饌殿の屋根の曲線も素敵」と目の付け所が渋いですね〜。
赤福本店のお座敷でいただく赤福餅は、ペロリでしたよ。美味しかったです。
一泊二日という最小単位の泊まり旅行でしたが、贅沢に時間を使い、ゆったりといい旅ができました。
トンキチ
2018/04/17 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
お伊勢さんへ(4月4日・内宮編) よしひさの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる