250TRでほっともっとフィールド神戸へ

 昨日、ほっともっとフィールド神戸で、夏の甲子園出場を賭けた高校野球の兵庫県大会決勝戦が行われた。

 東洋大姫路高対加古川北高が激突し、延長15回の末2対2の引き分けに終わり、兵庫県では決勝戦で史上初めて再試合が行われることとなった。

 そして、本日午後1時開始の決勝戦を観戦するため、250TRでほっともっとフィールド神戸に向かった。

 加古川バイパス、第二神明道路を走り、阪神高速北神戸線の布施畑西ランプで下り、球場前の二輪専用の臨時駐輪場にバイクを駐めた。

画像


画像


 約1時間前に球場に到着したが、さすが決勝戦だけあり、また再試合ということもあってか、大勢の人が観戦しに足を運んでいた。

画像


 ネット裏の前から5席目で、やや一塁側の見やすい席を確保し、試合開始から終了まで目を凝らして観戦した。

 試合は、5回裏に均衡が破れ東洋が先に1点を取り、7回にも大量5点を追加し、6対0で東洋の原投手が2安打完封勝利した。

 東洋大姫路高校には、兵庫県代表として甲子園でも活躍してもらいたいと祈念している。

 甲子園球場にも250TRでぜひ観戦に行きたい。

画像


にほんブログ村 バイクブログへ  にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック