ぶらり街歩き・神戸「岡本公園の梅」

 2月1日、岡本(梅林)公園に梅の開花状況を見に行った。

 昔から、「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀ノ国、栗丹波」と謳われたといい、古くは羽柴秀吉が来訪した記録や、寛政10年(1798)には「摂津名所図会」に岡本梅林の図が登場したという。

 その後の災害、戦災、宅地開発等で梅林の面影が消えてしまったが、30数年前に岡本公園として一部を復活整備したという経緯で今に至るようだ。

 初めてここを訪ねたが、高台なので市街の眺めもよく、閑静な住宅街にある雰囲気のいい公園だった。

画像


 阪急の神戸三宮駅から普通電車に乗り、阪急岡本駅で下車。

画像


 取りあえずコーヒーを飲んでからにしようと、駅前の喫茶店に入り、半時間ほど休憩して気分を整えてから岡本公園に向かった。

画像


 駅からは西方向に向かい、天上川に突き当たれば川沿いに北上し、阪急のガード下を越えて行く。

画像


 「岡本梅まつり」の幟があちこちにあり、岡本公園への案内標識もあり、迷うことはなかった。

画像


画像


画像


 早速、梅を観賞する。

 冬至梅

画像


画像


 鹿児島紅梅
画像


 初雁

画像


画像


 玉牡丹

画像


 大盃

画像


 白加賀

画像


 道知辺

画像


 公園内の様子。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


 公園から、市街地を展望する。

画像


画像

 
 この日、空が曇っていたのが非常に残念だった。

 園内には紅梅、白梅、しだれ梅など36品種、約190本の梅の木が植えられているといい、開花している早咲きの梅に焦点を当てたので、蕾など未開花の品種は撮影しても掲載しなかった。

 品種によって開花時期が異なることから、例年3月上旬頃まで楽しめるというが、今年は2月いっぱいと思っていた方が無難かもしれない。  


にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 72

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年02月09日 09:46
こんにちは。

岡本公園ですか。
梅は有名ですね。
だいぶ整備された公園なんですね。
けっこう咲いてますね。
綺麗ですね。
満開になるとさぞかし綺麗なんでしょうね。
いい匂いもしてきそうです。
2016年02月09日 16:25
綺麗な公園に
梅のお花がぴったり
丸い蕾も可愛いですが
開花の梅
香りが漂って来そうです
2016年02月09日 19:47
南向きなんで、もう少し咲いてるかと思ったんですが・・・
ヤッパ、紅梅は華やかですね。
大盃、道知辺、綺麗です。
1週間もしたら、満開近くなりそうでしょうか。
観梅行きたいですねぇ。^_^
                      てくてく
2016年02月10日 05:36
トトパパさん、おはようございます。
岡本の梅、初めて見に行きました。
天気は生憎の曇り空でした。
こじんまりとしたきれいな公園で、もう一度行ってみたいですね。
2016年02月10日 12:51
ジュンさん、こんにちは。
岡本(梅林)公園には初めて行ったのですが、あれから10日たちますので、もっと開花していると思います。
きっと梅の香りが漂っていることでしょう。
2016年02月10日 12:56
てくてくさん、こんにちは。
あれから10日ほどたちますので、もっと開花しているんじゃないかと思います。
近ければ、パッと様子を窺いに行くのですが、なかなかですね。
この寒い時期は、やはり観梅が風情があっていいですね。
2016年02月11日 11:44
2月1日ですから、今は満開でしょうか。
岡本梅林はハイキングの足掛かりか、下山時に立ち寄る感じで、ここだけをじっくり見た事が無いですね。
序ででは無く、機会があればじっくり観梅したいと思います。
住宅地に忽然と現れる感じですが、斜面を利用しているので眺めが良く、軽装備で行けるのがお勧めですね。
トンキチさんの場合、
10㎏のザックを背負い、ここから七兵衛山~七曲り~六甲山へ向かうと訓練になりますよ。
yoppyさんが詳細な記事にアップしていますので、参考にされてはどうでしょうか
2016年02月11日 19:45
アルクノさん、こんばんは。
岡本(梅林)公園は、当日、ブログ写真に掲載の状況で、全体的にはまだまだでした。
あれから10日、まだ満開というには早いのかも。
もう1週間もすれば、普通咲きが花をいっぱい開かせるんじゃないでしょうか。
住宅街の公園なので、近所のファンの人なら毎日開花状況をチェックされてるでしょうね。
大阪城公園の梅林も壮観ですが、岡本が近くて財布には優しいです。
yoppyさんの六甲山登山の記事を見れば、この辺から登って行かれてましたね。
私もトレーニングというか、山歩きを楽しむべく、ここから一軒茶屋をめざし、銀の湯に浸かるコースを計画します。
適切な助言、ありがとうございました!
2016年02月12日 22:21
ボクは、昨日、山歩きの後で、ここに寄ってみました。
いつもは、先に、梅林に寄ってから、八幡谷登山口から登るのですが、トンキチさんが行かれていたので気になって帰りに寄ってみました。
寄ってみてビックリ。
今まで、2月中旬ですと、さほど咲いていなかったのに、もう賑やか。
早咲き種は、やっぱり満開。
普通咲きも、そこそこ咲いていて、この調子でしたら、2月末には寂しくなりそうですね。
帰ってからチェックしたら…先に調べとけば良かったのですが。(^^ゞ…昨年より、13日、早く咲いてるとの事でしたので、トンキチさんも、良い時期に行かれましたね。

ボクは、いつもは、朝8時30頃に、岡本梅林公園に着いていたので人もまばらでしたが、昨日は、祝日の夕方とあって人も一杯。
こんなのは初めてでした。
やっぱり、人気のある梅林なんですね。(^^ゞ
トンキチさんが行かれた時間帯も、人が少なかったようで、静かに観梅が出来たんじゃないですか?

三宮から普通電車に乗られたのは、ゆっくりと座って行くためですか?
岡本まででしたら、そんなに時間は変わらないですもんね。

「梅まつり」の幟も、今年は多いような気がしました。
年々、この梅林の木も成長してるので、催しも立派になってますね。
まだ、若木ばかりですすが、後、十年、二十年後には、立派に成長した木が、保久良梅林と共に、当時の岡本を彷彿させるようになっているかもしれませんね。

ここは、そんなに広くないスペースですが、種類は豊富で、確か、大宰府天満宮から贈られた「飛び梅」もあったハズです。
ボクは、いつも、写真しか撮ってないので、何が咲いていたのか解ってないのですが、トンキチさんは、ちゃんと品種も書かれているので、さすがと思いました。(^^ゞ
2016年02月13日 10:06
yoppyさん、こんにちは。
山歩きの後、わざわざ岡本梅林公園に立ち寄られたんですね。お疲れさまでした。
早咲き、普通咲きの梅が賑やかだったそうですね。
やはり今年は全般に開花が早いようです。
yoppyさんの調べでは、昨年より13日も開花が早いとのことで、終わりも当然早くなるでしょうしね。
南あわじの水仙郷も、2月初めには閉園を検討するなど、もう花がありませんでしたから、花全般に暖冬の影響が及んでいる感じです。
私が岡本公園に行ったのは、2月1日、月曜日の午前中でした。
人も少なく、ゆっくりと出来ましたが、あの公園にはトイレがないので、尿意を催してから悲惨な思いをしました。
私が三宮から普通電車で行ったのは、特急にトラブルがあり、普通電車が先着するとアナウンスがあったからでした。
公園の梅は、確かに若木が多かったようで、成長の様を毎年見続けられれば、楽しいでしょうね。
太宰府天満宮から送られたという飛び梅は見落としましたので、次に行く機会があれば、しっかり目に焼き付けてきます。

この記事へのトラックバック

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

QRコード

最近のコメント

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事