コブハクチョウ

 3月14日、この日も天候に恵まれないなか、懲りもせずにまた綾部山梅林に行ったのだが、すっかり花自体が終わりに近づいていた。

 前日に強風が吹き荒れ、花を散らしてしまったと猿回しのお姉さんが言っていた。

 花は当然いつか散ってしまうものなので、それは仕方がないが、まだ観梅客は三々五々やって来ており、それでも花が全くないわけでもなく、残念に思いながらもそれなりに楽しんでいたに違いない。

 実際、満開の梅の花を見られることの方が稀だろうと思う。

画像


 せっかくなので一応園内を散策したものの、風景など写真撮影上はやはり納得できる絵にならなかった。

 園を出て車に戻る途中にある池で、コブハクチョウとコガモが泳いでいた。

画像


画像


画像


画像


画像


 コブハクチョウは1羽だけで、昨年も同じ池で1羽のコブハクチョウを見た。

 同じ個体かどうか、家族がいるのかどうか、雄か雌か、この時期以降、どこかに渡るのかここに留まっているのかなど分からないことだらけだが、いずれにせよまさしく孤高のコブハクチョウだった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30               

QRコード

最近のコメント

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事