テーマ:山歩き

須磨アルプスへ

 10月5日、所属する登山部の例会に、廃線敷ハイキング以来約4ヶ月ぶりに参加した。  JR塩屋駅から旗振茶屋、おらが茶屋を経て、栂尾山へのいつもの階段ではなく、「よこお野路菊の丘」から横尾山に至り、須磨アルプスを歩き、東山を経て板宿に下山した。  8時30分頃、参加者10名でJR塩屋駅を出発した。  駅付近に掲示されていた「ぐるっ…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

JR福知山線廃線敷歩き

 先日、久々に登山部の例会に参加し、武庫川渓谷沿いのJR福知山線廃線敷を歩いた。  この廃線敷を歩くのも2年半ぶりのことだった。  JR生瀬駅から同武田尾駅間を歩く計画で、この日11人が武庫川沿いの国道176号線を歩き始めた。  中国自動車道の高架を過ぎ、廃線敷入口の方に向かって下りていった。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経ヶ岳登山とツーリング

 令和元年6月3日、バイクで佐賀県までツーリングして前泊し、翌4日、佐賀県最高峰の「経ヶ岳」(1075.7m)に登った。  都道府県最高峰めぐりの山旅は、一昨年11月の雲仙普賢岳以来で、これで31府県になった。  バイクの長距離ツーリングも山歩きも久しぶりだったが、梅雨入り前に仕事の休みを利用して、まだ登っていない佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刀出坂で新緑の書写山へ

 昨日(4月19日)の朝、快晴の青空を見て、あわてて山歩きの用意をし、久々のバイク(GSR250)で兵庫県姫路市にある書写山に向かった。  以前一度登ったことのある刀出坂を登ろうと思い、登山口となる天神神社をめざした。  登山口近くに姫路市が設置した登山者用駐車場があった。  付近にツルニチニチソウが群生していた。 …
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

片付け中に出てきた1枚の山岳写真

 今日、家の棚を片付けていると、クリアファイルに挟まった1枚の山の写真が出てきた。  もうすっかり忘れてしまっていたが、自分でA4サイズに印刷した写真だった。  この光景を撮影した記憶は残っていて懐かしかったが、果たしてどこで撮ったのか、直ちに思い出せなかった。  もうボケてきたなと忸怩たる思いがこみ上げてちょ…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

雲仙普賢岳へ

 地元兵庫県最高峰の「氷ノ山」(1,510m)に登頂してから約20年になる。  それ以来、山歩きの一環として都道府県最高峰めぐりを細々と続けてきたが、先日(11月16日)、長崎県最高峰に登頂し、これで47都道府県のうち30府県をクリアしたことになる。  長崎県最高峰は雲仙の「平成新山」(1,486m)だが、火山活動により入山…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

松尾山・嵐山、そして… 2

 全く展望のない嵐山頂上で集合写真を撮った後、保津峡方面に向けて出発した。  11時31分、木の枝にぶら下げられた概念図のような道標が現れ、先に進んだ。  こんな倒木を越えた。  錦繍の山肌が美しかった。  ほどなく、また概念図のような道標が現れ、烏ヶ岳を巻いて先に進んだ。 …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

松尾山・嵐山、そして… 1

 11月11日(土)、仕事が休みだったので、久しぶりに登山の例会に参加した。  天気予報では、京都方面の降水確率70%と雨を危ぶんでいたが、前日からの雨も早朝には上がったようで、急速に晴天となり、嬉しい誤算となった。             【阪急嵐山駅前のモミジ】  コース予定を要約すると、「阪急嵐山駅→道標番号26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅ればせながら…高尾山へ (-_-;)

 東京に出張してから早くも1か月以上経過し、時の過ぎ去る速さに唖然としている。  うかうかすれば、こどもたちの夏休みももう終わってしまいそうな塩梅だ。    出張業務終了後の7月21日午後、高尾山に行ってきた。             【高尾山頂上からの丹沢山地などの眺望】  高尾山(599m)は、世界一登山者が多…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

ランチは高御位山で

 今日、久しぶりに雨がぱらつき、若干天気は下り坂に向かっているようだ。  昨日までの数日間好天が続き、日中はもう初夏と言ってもいいほどの驚くべき陽気だった。  先の関東旅行で5編の記事(4月24日、5月1日、同8日、同16日、同18日)をアップした。  4月20日に東京から帰り、その後も今までいろんなことがあったが、同…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

茨城県最高峰「八溝山」へ

 4月18日、千葉県最高峰「愛宕山」の三角点見学後、航空自衛隊峯岡山分屯基地を後にした。  13時25分頃、鋸南富山ICから富津館山道路に入った。  この後は、茨城県久慈郡大子町のホテルに向かうだけだった。  茨城に向かったのは、翌日、同県最高峰「八溝山」の三角点を探訪することにしていたからだ。  基地を出た後、…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

千葉県最高峰「愛宕山」へ

 4月17日22時35分、降りしきる雨の中、JR加古川駅前から西船橋行き(横浜、東京経由)の夜行バスで出発した。  3列シートのトイレ付バスで、自席(中央列、前から4番目)の右側がトイレの出入口に当たっていた。  トイレの利用者も案外少なく、自席の前後に客の割り当てがなかったので、遠慮なくリクライニングシートを倒すこ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

大和三山ぶらぶら

 予算1万円以内で、1泊2日の個人旅行が出来ないものかと考え、交通費と宿泊費を抑えれば、何とかなるだろうと思った。  最近、携帯電話会社から長期継続特典として3500円分の期間固定Tポイントが付与されており、これまでずっと消滅させていたので、もったいないなぁと思っていた矢先だった。  Tポイントがヤフートラベルと提携しており…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

摩耶山の霧氷

 1月15日、登山の会の新年会が行われた日、新神戸駅から摩耶山に登った。  この日は日本中に大寒波が襲来し、神戸でも断続的に雪が舞っていた。  摩耶山の掬星台は一面雪化粧となり、美しい霧氷が見られた。  朝8時に新神戸駅に集合し、電車遅延による遅刻者を待って8時17分頃出発した。  新神戸…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

釈迦岳ツーリング 後編

 普賢岳西側には間近に、これから向かう釈迦岳の福岡県側ピーク、同県最高峰となる本釈迦の頂(1230m、一等三角点)が迫っていた。  これまでの経験からも、普通の山歩きでも考えられないことだが、バイクジャケット、オーバーズボンの格好のままでザックを背負い、本釈迦に向かうことにした。  普賢岳をいったん後にして、…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

釈迦岳ツーリング 前編

 《平成28年12月6日、火曜日。晴れ。》  福岡県最高峰の釈迦岳(1231m・福岡県八女市、大分県日田市)に向け、バイクでツーリングに出発した。  ツーリングを楽しむついでに、もし山頂が踏めたら…という謙虚な思いだった(自分で言うな!)。  今回は、大阪南港から別府観光港をさんふらわあ(あいぼり号)で往復する、現地0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧国鉄福知山線の廃線跡ハイキング

 釈迦岳リベンジツーリングで九州に向かう前々日の12月4日、所属する登山部の例会に参加し、武庫川峡谷に沿う旧国鉄福知山線廃線跡を歩いた。  武庫川峡谷の迫力もさることながら、レールこそ取り外されているものの、鉄橋やトンネル、枕木もそのままで、廃線の敷地をハイキングコースとして公開してくれたJRに拍手を送りたい。 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

福岡県最高峰「釈迦岳」リベンジツーリング

ここ数日仕事と旅行でパソコンに向き合う機会がない。 今、九州別府から帰りのフェリー(さんふらわあ)に揺られ、大阪南港ATCに向かっている最中だ。 詳細レポは後日に譲るが、取り急ぎ、このツーリングについて、簡単に書いてみる。 昨日(12月6日)、大阪南港ATCからさんふらわあ(あいぼり)に乗船し、九州別府…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

紅葉谷道・炭屋道・魚屋道を経て有馬温泉に

 10月2日、JR神戸駅付近での所用を済ませると、もう正午を過ぎていた。  それから六甲山を歩くことにしていて、簡単な昼食、水にお茶、着替えを詰めたグレゴリーのザックを担ぎ、JR六甲道駅に移動した。  昼からの登山となり、夕方には有馬温泉に下って「銀の湯」に浸かりたいと思っていたので、登りは無理をせず六甲ケーブルを利用した。…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

無料運行社会実験で摩耶山へ

 8月22日から8月26日まで、まやビューライン(摩耶ケーブル・ロープウェー、往復大人1540円)、六甲有馬ロープウェー(同大人1820円)が無料で運行され、神戸市バスの三宮駅・摩耶ケーブル下間直通バスも無料だった。  これは集客増をめざす神戸市の社会実験として行われたもので、利用者が居住地や経路、利用施設等をアンケート形式で答え…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

高野三山(摩尼山・楊柳山・転軸山)めぐり 後編

 摩尼峠から摩尼山まで、嫌になるほど急な坂道が続いた。  道中の状況について、次の高野三山巡りマップに基づいたポイントで説明するので参考にしてほしい。  (※ クリック、クリックで拡大されます!)  11時35分、ようやく最初の摩尼山(ポイント㉜)に到着。  この山頂の祠には如…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

高野三山(摩尼山・楊柳山・転軸山)めぐり 前編

 ※ 前編のコメント欄は閉じています!  8月15日、1人で高野山に行き、高野三山と呼ばれる摩尼山(1004m)・楊柳山(1008.5m)・転軸山(915m)を歩いてきた。               (楊柳山の立派なブナ!)  この三山の道中、全く展望がないのは登る前から分かっていたが、やはり展望のない山登りは少々味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生野銀山へ涼みに 後編

 江戸時代採掘ゾーンのある滝間歩坑の出口から外に出ると、坑内との温度差でカメラのレンズが曇った。  この石段を登って金香瀬山に向かい、金香瀬旧坑露頭群を見に行く。  鉱夫の彫刻跡。  この滝不動尊は、生野銀山開山の織田・豊臣時代から山神社とともに、坑内安全…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

生野銀山へ涼みに 前編 

 ※ 前編のコメント欄は閉じています。  8月3日の午後、約30年ぶりに朝来市の生野銀山に行って来た。  播但連絡道を北上し、14時に市川SAで一服休憩。  このSAに、生野銀山のポスターが何枚か掲示されていた。  もう30年たつので記憶は乏しいが、坑内の涼しさだけは強く印象に残っていた。  生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッコウキスゲに誘われ六甲高山植物園へ

 7月22日、ニッコウキスゲが見頃というので、連れ合いと六甲高山植物園に行ってきた。  ここは標高865mに位置する六甲山上の植物園で、北海道南部に相当する気候というが、確かに涼しく感じられた。  14時半頃、西入口から入園した。  入園前に同入口付近で見たアジサイ。  入ってすぐにイヌブナ(ブナ科)の木…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

藍那古道などを歩く(箕谷からしあわせの村まで)

 平成28年7月10日、登山部の例会に参加して神戸市北区に出向き、神戸電鉄箕谷駅から「しあわせの村」まで、藍那古道など太陽と緑の道、近畿自然歩道等を歩いた。  コース核心部は藍那古道と言われる山道であったが、当日のコンディションはあまりよくなかった。  道がぬかるみ、休憩しようとしても蚊がブンブン飛び回っていたので、これはちょっと……
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

GSR250で玉丘史跡公園(根日女ロマンの郷)へ

 6月28日に続き、7月4日、早朝よりバイクで玉丘史跡公園にツーリング気分で再訪し、散策してきた。  天気は明るい曇りといったところだったが、朝から蒸し暑いのにはまいってしまった。  朝6時45分頃にGSR250で出発し、加古川運動公園陸上競技場前を通り、県道43号高砂北条線を北上した。  山陽自動車道の高架下を抜け、倉谷西から県…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

五百羅漢・玉丘史跡・ランドマーク展望台へ

 6月28日(火)、梅雨の重苦しい空の下、雨に遭うのを覚悟して加西市内に赴き、五百羅漢、玉丘史跡公園、そして加西市ランドマーク展望台のある山を歩いてきた。  今日、この記事では全貌を網羅できないので、取りあえず詳細は後日に委ね、ダイジェスト的に記すことにしたい。  まず、五百羅漢のある羅漢寺に向かう。  ここに…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

武平峠から鎌ヶ岳へ

 6月14日(火)、曇り時々晴れ。  連れ合いと鈴鹿に向かい、鎌ヶ岳(1,161m)に登ってきた。  鎌ヶ岳は三重県菰野町と滋賀県甲賀市に跨り、武平峠を挟んで御在所岳と対峙していた。  新名神から東名阪を走って四日市インターで下り、R477で湯の山温泉方面に向かう。  車で向かう途中、御在所岳の左…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

箕面大滝へ

 6月1日(水)、晴れ。賤ヶ岳登山の3日前、17年振りに箕面大滝(大阪府箕面市)を見に行った。  遅ればせながら記事にしようかどうか迷ったが、私ごときのブログに悩むほどのことでもないと、こうして記事を書いている。  17年前は登山部の例会に参加し、H会長以下たった4人だけで箕面の大滝を経由して勝尾寺(西国三十三霊場)…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

QRコード

最近のコメント

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事