テーマ:旅行

大塚国際美術館のこと<後編>

 前編・中編同様のスタンスで進めていくこととし、コメント欄は閉じている。  後編ではバロックの時代から近代、現代に至る流れとなっている。  フェルメール、ヤン(1632-1675) 「真珠の耳飾りの少女」(青いターバンの少女)  1655-66年頃 油彩、カンヴァス 44.5×39cm  マウリッツハイス美術館 ハーグ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館のこと<中編>

 前編と同様のスタンスで進めていくこととし、コメント欄は閉じている。  大塚国際美術館には昨年3月のこの日1回だけの訪問で、もう1年以上経過して記憶が曖昧になっているので迂闊なことを書けない。  入館後既に約1時間経過していたが、このフロアはまだB3階だったと思う。  「龍を退治する大天使ミカエル」(右) 12世紀前半 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館のこと<前編>

 昨年3月、もう1年以上前のことになり恐縮なのだが、大塚国際美術館(徳島県鳴門市)を訪ねたことがあった。  美術関係には造詣がなく、このブログで記事にすることはなかったが、この緊急事態宣言下で改めて紹介することにした。  同美術館は、陶板名画美術館で、古代壁画から世界25カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、至宝の西洋名画1,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福山動物園のこと

 引きこもり生活にも慣れてきたこの頃、たまにちょっと散歩に出ると歩き方がぎこちないような感じがする。  明らかに運動不足に陥っており、改善するには継続してしっかり歩くしかないと思う。  昨年11月下旬、日帰りで広島県の福山市立動物園に行ったことがあったが、今回はそのときの記事を公開することにした。  同園ではたくさんの動物が飼…
トラックバック:0
コメント:47

続きを読むread more

安佐動物公園のこと

 昨年9月、広島市安佐動物公園に行ったことは、当時このブログ記事(「9月の空」の一部分)で触れたことがある。  少ししか写真を載せておらず、未公開写真がかなりあるので、それらの一部を載せることにする。  動物名の後に題名をつけてみた。  アヌビスヒヒ 「対峙」  アヌビスヒヒ 「家族」  アルダブラゾウガメ??…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

いしかわ動物園を訪ねて

 昨年末、いしかわ動物園(石川県能美市)に行った。  12月22日夜、仕事を終えてから新大阪へ。22時過ぎのこだまに乗り、米原で金沢行の特急しらさぎに乗り換えた。  北陸本線はたぶん初めてで、自由席だったが思いのほか乗客も多く、久しぶりの夜行列車に旅情を感じた。  終着の金沢駅には23日0時39分に到着し、予約していた駅前のビジホ…
トラックバック:0
コメント:45

続きを読むread more

今熊野観音寺参拝

 2月5日午前10時、送別旅行先のおごと温泉の某ホテル前で解散となった。  JRおごと温泉駅行のバスを待つ間に、ヒヨドリとユリオプスデージーなどを撮る。  トビも空を舞っていた。  三井寺には前日参拝したので、翌日、思案したあげく京都に向かい、西国三十三所でまだ参拝していない「第十五番 今熊野観音寺」(京都市東…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

三井寺参拝と琵琶湖の景色

 2月4日、職場の退職者を送別する旅行に参加し、おごと温泉(滋賀県大津市)のホテルに宿泊。  現地集合・現地解散は昨年同様で、2年続けて同じ宿に泊まった。  同市内の西国三十三所第十四番「三井寺(園城寺)」に参拝したことがなかったので、当日集合前に寄ってみることにし、JR大津駅から歩いて行った。  仁王門(重要文化財)は、宝徳4年…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

クロツラヘラサギとミヤコドリ

 1月15日、福岡市の日の入りは17時32分。  16時半頃、博多駅前付近におり、朝行った和白干潟に再び行くか行くまいか迷った。  その時間から向かえば、最短でJR和白駅に着くのが17時07分。  もう時間的に厳しいとは思ったが、行くだけ行ってみようと決め、駅に向かった。  和白駅到着後すぐ干潟に行き、最初にレンズを向けたのが1…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

キレンジャクとヒレンジャク

 1月15日の朝6時半、高速バスで博多に到着。  福岡市内での所用の前に、鳥見がしたくてJR在来線で和白干潟へと向かった。  この干潟が有名な野鳥観察スポットと知り、7時半頃から1時間ほど干潟の周辺をウロウロしながら野鳥を探したが、天気が悪かったせいなのか、まだちょっと時間が早かったのか、この朝あまりお目にかかれなかった。  …
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

京都ぶらり街歩きと二条城

 7月25日、連れ合いと京都へ一泊旅行に出かけた。 祇園祭の後祭の山鉾巡行は7月24日に終わっていたが、八坂神社にお詣りしようかと思い、新快速に乗った。 JR京都駅構内には祇園祭の山鉾の提灯などが飾ってあり、夏の京都らしい風情に迎えられた。  駅ビルの展望台に上る途中で額に飾った絵のような青空が見えた。  駅ビル大階段に沿うエスカレ…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

淡路島二題

 【慶野松原】  5月下旬のある日のこと。 兵庫県南あわじ市で所用を終えた後、慶野松原に行ってみた。   尋常ではない数の松の木に、ただ茫然としながら散策した。  「根上がり松」という案内があったので、どんな松だろうかと思い見に行った。  それは立派な松の木で、まさに「根上がり松」というしかないと感嘆した。  慶野松原について…
トラックバック:0
コメント:57

続きを読むread more

電車とバスで湯村温泉まで

 6月23日の日曜日、ワケありで急きょ湯村温泉に向かうことになったが、観光目的ではなかった。  湯村温泉は、兵庫県北西部に位置し、鳥取県に隣接する山陰地方になる。  美方郡新温泉町に所在し、昔、吉永小百合主演のNHKドラマ「夢千代日記」の舞台となった温泉地で、近年、全日本かくれんぼ大会の開催地としても有名になりつつあるようだ。 …
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

八木のしだれ梅

 3月8日、兵庫県南あわじ市にある「八木のしだれ梅」を見に行った。  徳島に向かう途中、思いついて立ち寄ったものだ。  ここは個人宅(村上邸)の庭を公開しているもので、付近に広い駐車場も用意されていた。  平日だったにもかかわらず、駐車場は満杯の状態で、他府県ナンバーの多さに驚いた。  噂には聞いていたものの初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬山散策(鞍馬寺から貴船神社まで)

 1月30日、晴天。単独でJR、大阪地下鉄、京阪特急、叡山電鉄を乗り継いで鞍馬に行き、鞍馬寺から貴船神社に至るハイキングコースを歩いた。  9時40分頃、JR大阪駅に着くとすぐに大阪地下鉄の事務所に向かい、「鞍馬貴船1dayチケット 大阪地下鉄版」(1950円)を買い求めた。  地下鉄御堂筋線で淀屋橋に行き、京阪電車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良町などそぞろ歩き

 1月26日、かんぽの宿をチェックアウトし、車をそこに駐めさせてもらったまま、歩いて平城宮跡歴史公園に向かった。  「また来たのかい。」とハクセキレイくんの出迎えを受けた。  何気なく自販機を見ると、こんなコーラが販売されていたが、奈良では「ナーラ」と呼ぶらしい。(嘘)  朱雀門  平城宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若草山焼きの日の朝に

 1月26日、かんぽの宿奈良で朝を迎え、ボリュームのある美味しい朝食をいただいた後、1人で屋上展望台に向かった。  折しもこの日の夜、若草山では奈良県最大級の花火が打ち上げられ、山焼きが行われるのだった。  午前8時50分頃、そこから約6km離れているという若草山の頂上を眺めた。               東大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び「ラ コリーナ近江八幡」へ

 「ラ コリーナ近江八幡」に再訪したのは、「長命寺」参拝の帰りだったので、もう2か月前のことになる。  記事にするのをすっかり忘れていたのもあるが、いろんなことが積み重なり、不調をきたしている。  冒頭からあまりややこしい話もしたくないので、取りあえず先に進むことにする。  前回訪問(2017.11.23)の際、「ラ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラ コリーナ近江八幡」へ

 11月23日(勤労感謝の日)、連れ合いと休日が重なり、滋賀県の「ラ コリーナ近江八幡」と「三井アウトレットパーク滋賀竜王」に行って来た。  アウトレットの滋賀竜王はこれで3回目だったが、この日の目玉は初めての「ラ コリーナ近江八幡」だった。  この記事では、「ラ コリーナ近江八幡」のことだけに留めることにする。  「…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

長崎の夜と朝に

 雲仙普賢岳山頂から紅葉茶屋に下り、薊谷広場を経て仁田峠に歩いて向かう途中のことだった。  何でもない緩やかな下りでつまずいて転び、アッと思ったときはもう遅く、首にぶら下げていたカメラ(クールピクスP900)のレンズが固い地面にぶち当たっていた。  プロテクトレンズをはめていたが、キャップは外したままで、同レンズに大きいヒビ…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

松尾山・嵐山、そして… 2

 全く展望のない嵐山頂上で集合写真を撮った後、保津峡方面に向けて出発した。  11時31分、木の枝にぶら下げられた概念図のような道標が現れ、先に進んだ。  こんな倒木を越えた。  錦繍の山肌が美しかった。  ほどなく、また概念図のような道標が現れ、烏ヶ岳を巻いて先に進んだ。 …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

松尾山・嵐山、そして… 1

 11月11日(土)、仕事が休みだったので、久しぶりに登山の例会に参加した。  天気予報では、京都方面の降水確率70%と雨を危ぶんでいたが、前日からの雨も早朝には上がったようで、急速に晴天となり、嬉しい誤算となった。             【阪急嵐山駅前のモミジ】  コース予定を要約すると、「阪急嵐山駅→道標番号26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄界灘夕景

 長崎県の対馬に弔事で訪れた帰り、博多に向かうフェリー「げんかい」に乗っていた。  対馬の比田勝港から福岡の博多港まで約6時間の航行だった。               9月9日午後5時過ぎ頃、出航後約2時間もすると、遠くに「沖ノ島」が見えていた。  沖ノ島は、福岡県宗像市に属する、玄界灘の真っ只中に浮か…
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

浅草・六本木間ウォークで「ミュシャ展」へ

 4月20日、帰りののぞみ号から見えた富士山の雄姿。  この日一番のご褒美だった!  4月19日は、「東横イン浅草千束つくばエクスプレス」という、やたら長い名前のホテルに泊まった。  夕食は、ホテル横の大衆ステーキハウス「ビリー・ザ・キッド浅草千束店」に行った。  前日早朝、夜行バスで船橋に着…
トラックバック:0
コメント:36

続きを読むread more

上野公園とベラドンナ・アート展鑑賞

 4月19日10時頃、袋田の滝を後にして、常磐道で東京方面に向かった。  まずレンタカーを返すべく、千葉県船橋市内へとナビに案内してもらった。  レンタカーでは、前日とこの日を合わせ657km走行したが、やはり軽四は燃費がいいと感じた。  無事にレンタカー返却後、京成電車で西船駅から上野駅に行き、JR上野駅に移動した。…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

袋田の滝へ

 ウワーーッ、カメラが濡れる~  4月19日早朝、茨城県最高峰「八溝山」頂上に立った後、車で来た道を戻った。  前日、車で宿に向かう道中、袋田の滝という文字が何度も目に飛び込んできた。  以前、何かの雑誌でこの滝をチラ見した記憶があった程度で、この旅行前にも付近で宿泊地をチェックしていたが、折り合いがつかなかっ…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

茨城県最高峰「八溝山」へ

 4月18日、千葉県最高峰「愛宕山」の三角点見学後、航空自衛隊峯岡山分屯基地を後にした。  13時25分頃、鋸南富山ICから富津館山道路に入った。  この後は、茨城県久慈郡大子町のホテルに向かうだけだった。  茨城に向かったのは、翌日、同県最高峰「八溝山」の三角点を探訪することにしていたからだ。  基地を出た後、…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

千葉県最高峰「愛宕山」へ

 4月17日22時35分、降りしきる雨の中、JR加古川駅前から西船橋行き(横浜、東京経由)の夜行バスで出発した。  3列シートのトイレ付バスで、自席(中央列、前から4番目)の右側がトイレの出入口に当たっていた。  トイレの利用者も案外少なく、自席の前後に客の割り当てがなかったので、遠慮なくリクライニングシートを倒すこ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

日展観覧と新世界

 3月のとある日の朝、天王寺にいた。  天王寺駅前の「あべのハルカス」(日本一の高層ビル・地上300m)は無視できない存在だ。  神戸の職場からでもビルの合間に見えることがあった。  3年前の開業時に展望台へ登ったが、もし今度登るなら夜景が見てみたい。  天王寺公園から通天閣を引き寄せてみた。  後…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

梅を観るなら…

 梅の名所は数あるが、関西屈指の梅の名所となれば、ここは必ず登場してくる。  学問の神様菅原道真公をご祭神とする京都北野天満宮。  公私とも多忙になっており、梅を観るのは今年もうこれが最初で最後かも知れない。  そんな事情で、せっかく梅を観るなら…、いいところで見たいと考え、2月28日、一人で京都へ。  …
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

2020年05月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

QRコード

最近のコメント

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事