日本最古のコーヒー店など

 7月12日、神戸元町商店街を一人で散策中、偶然その存在を知った日本最古のコーヒー店「放香堂」に入り、石臼珈琲明治復刻ブレンド「麟太郎」というちょっと珍しいコーヒーを飲んだ。

画像


 同日午前中、神戸新開地で所用を済ませ、涼しいメトロ神戸の地下道を歩いてJR神戸駅に戻った。

 そして三宮に向かおうと、神戸元町商店街などをぶらり散策することにした。

 JRの駅としては二駅分の距離だった。

画像


 ちょうどランチタイムになっており、元町6丁目商店街を入ってすぐの「宮本むなし」で昼ご飯にした。

 店を出ると、向かいの建物(以前、ホテル「シェレナ」だった。)の壁面に、今風に表記すれば「明治維新開港当時関門跡」という碑が埋め込まれていた。

 これまで何度もこの前を通り、何度も目にしてきた碑だった。

画像


画像


 商店街を東に向かって歩き、この日は水曜日だったせいか、休みの店が散見された。

画像


 ほどなく元町滝公園に着いたのでここでちょっと一服。

 この商店街ただひとつの公園で、昼休みのひとときをゆっくり過ごす人たちがいた。

画像
 

 創業明治6年という亀井堂総本店は、瓦せんべい、瓦まんじゅうが有名な店だ。

画像


 古書店の店頭はいつもながら面白い。

画像


画像

 
 元町5丁目商店街に。

画像


 カバン店の「わけあり大処分市」で、「値札に関係なくこのコーナー全て3,980円」に惹かれ、ビジネスバッグが欲しいと思ったが自重した。

画像


 続いて鉄道忘れ物市という店に立ち寄ったがめぼしい物はなし。

 走水(はしうど)神社の看板や幟に惹かれ、ちょっと寄り道した。

画像


画像


 創建は平安時代と由緒があり、五穀豊穣・健康長寿・商売繁盛・学問の神様といわれ、主祭神は天照大神、応神天皇、菅原道真とのこと。

 道真公に因んで社殿両脇に狛犬ならぬ狛牛が祀られており、境内に走水稲荷大明神があった。

画像


 商店街に戻ると、元町マルシェという店の周りだけ人が群がっていた。

画像


 マルミヤという店の中に入ると、壁面に売り物の油彩画がたくさん飾ってあった。

画像


 何度か入ったことのある珈琲専門店のはた珈琲店は定休日だったので先に向かった。

 まだこの時点では日本最古のコーヒー店の存在を知らなかったので、はた珈琲店が開いていれば、きっとここに入っていただろう。

画像


画像


 元町4丁目の商店街。

画像


 この神戸元町商店街が、昔の西国街道に当たるとのこと。

 西国街道という大きなモニュメントを見ていたものの、これまで関心がなかったせいか全く意識していなかった。

 ブロ友てくてくさんのブログ(西国街道シリーズ)をひもとき、これから学習しないといけない。

画像


 同商店街の交差点から南方に見えた神戸ポートタワー。

画像


 この元町映画館には入ったことがない。

画像


 元町3丁目商店街に入ると人通りが増えてきた。

画像


 ほどなく左手に、「放香堂 日本最古の加琲店」という看板が目について立ち止まった。

 ここもこれまでよく前を通っており、隣の日本茶の店は記憶していたが、加琲店の方はノーマークだった。

画像


画像


 取りあえずコーヒーを飲んで休憩したかったこともあり、中に入ることにした。

 店内の壁面に、昔絵図が掲げられていたので、店員の了解を得て撮影した。

画像


画像


 放香堂が描かれている昔絵図の木版画が、神戸市立博物館に展示され、一般公開されているとのこと。

 放香堂の看板メニューという石臼珈琲明治復刻ブレンド「麟太郎」を注文した。

 注文した際、女性の店員から、石臼で挽きフィルターを使わないので云々…と注意があり了承した。

 店で出すコーヒーなので、飲めないことはないだろうし、そう期待もしていなかった。

 
画像


画像
 

 麟太郎を味わいながら、スマホでネット検索して放香堂について調べた結果、端的に言えば、明治11年(1878年)、放香堂が日本初の珈琲が飲める喫茶店を開業したということだった。

 同店がこれまで新聞各紙などメディアに大きく取り上げられていたことも分かり、コンサイスのカタカナ辞典(コーヒー、カフェの語句説明文内に紹介)や東京書籍の中学歴史の教科書の中にも紹介されているという。

 麟太郎は深煎りタイプの濃厚・コク・苦味のある重厚なブレンドに仕上げられているというが、そう言われればその通りのような気がした。

 格別美味しいとまでは思わなかったが、まずいコーヒーではなかった。

 もう一度、今度はポットで飲んでみたいと思う。

画像


 店内に明治11年12月26日讀賣新聞夕刊のコピーが貼ってあり、放香堂の広告が掲載されていた。

画像


 小一時間過ごした後、店を出た。

画像


 元町1番街に。

 神戸元町商店街は1番街、3丁目から6丁目までの5つの商店街で構成されているという。

画像


 元町1番街の南側には神戸南京町と呼ばれる中華街があり、多くの観光客が押し寄せ賑わっていた。

画像


 元町1番街のファミリアの前で占いのイベントをやっていた。

 前のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で、ヒロイン坂東すみれのモデルとなったのがこのファミリアの創業者のひとりだった。

画像


 神戸牛ステーキ店2階に張り付いていたスパイダーマンを発見。

画像


 この牛さん酷使されてかわいそう。

画像


 もうすぐ1番街も終わりというところで、急に行きたいところが出来たので、商店街を外れた……。


 その後、三宮センター街などを歩き、JR三ノ宮駅に向かった。

画像


 その途中にあった川西英さんの「背山眺望」という大きなステンドグラス風の作品。

 1935年(昭和10年)製作というので、もう80年以上がたつ。

画像


 そして、こんな展覧会の垂れ幕があった。

画像


 垂れ幕には映っていないが、たしか手に大きな斧を持った男が横の方にいて、女性の首を切ろうとしていたのではなかったか。怖いもの見たさで見に行きたいような、見たくないような…。

 で、この日、たいした距離にはならないが、JR神戸駅から新開地間のメトロ神戸を往復した後、神戸元町商店街、三宮センター街、さんちかを歩いた。

【OLYMPUS STYLUS SH-1】

この記事へのコメント

2017年07月24日 10:33
こんにちは。

神戸の街をぶらぶらされたんですね~。
いいですね~。
放香堂、私も行ったことありますよ。
麟太郎は飲んだことないですが。。。
勝海舟の麟太郎なんですかね?

元町、なんか人が少ない感じですね。。。
2017年07月24日 11:22
【トトパパ様】
こんにちは。
トトパパさんも放香堂に行ったことがあるんですね~、それはビックリ!
やっぱり、有名なお店なんですね。
麟太郎、石臼挽きで、フィルターも使わないそうです。
淹れるところを見たかったです。
麟太郎は勝海舟の麟太郎からでしょうね、たぶん。
元町商店街、1番街以外は、平日昼間なんて閑散としてます。
2017年07月24日 18:23
こんにちは

風景画や美人画は
現代の写真集にも
引き継がれていますね
2017年07月24日 19:45
元町商店街は一度訪れたことがあります。
異国的な雰囲気であり、レトロな雰囲気もあり、ちょっと独特な感じがしました。
日本最古のコーヒー店ですか。ずっと残っているのも凄いことですよね。
2017年07月24日 20:10
【無門様】
こんばんは。
昔も今も、美しい風景や美しい女性に惹かれるのは一緒ですね。
普遍性というのでしょうか。
2017年07月24日 20:24
【降魔成道様】
こんばんは。
元町商店街を訪ねられたことがあるんですか。
1回でよく街の特徴を捉えられ素晴らしい感性をお持ちですね。
まさに仰るとおりですよ!
日本最古のコーヒー店、いつだったか記憶していませんが、閉めていたのを近年に再開したようです。
2017年07月24日 22:13
こんばんは。
そこかしこに港町・神戸が感じられていいですね。
日本初の珈琲が飲める喫茶店は神戸だったんですね。
商店街をブラブラ歩くのもまたいいものですね(^^)
2017年07月24日 22:25
【narayama2008様】
こんばんは。
今年は神戸港開港150周年記念の年。
元町商店街は、大丸神戸店付近は大賑わいですが、西に行くほど閑散とした雰囲気が漂います。
日本最古のコーヒー店付近は、平日静かなものです。
神戸の街歩き、楽しいですよ。
2017年07月24日 23:46
  こんばんわ。

 元町1番街が一番活気があるようですね。
神戸牛ステーキがおいしいでしょうね。
神戸の街、また歩きたいものです。
2017年07月24日 23:52
【amefurashi2899様】
こんばんは。
そうですね。神戸元町商店街では、元町1番街が一番活気がありますね。
神戸牛ステーキ、美味しいですよ!
私は三宮の神戸ステーランド専門です。
安くて美味しいステーキを食べさせてくれます。
神戸の街歩き、楽しいです!
2017年07月25日 00:19
こんばんは。
神戸の街歩きいいですね
親戚の結婚式で神戸に行った折に
この辺りを歩きました。
牛さんが酷使、そう思います。
頑張っているんですね
2017年07月25日 00:29
こんにちわ^^
きれいな画像がいっぱい!いいですね🌸
素敵な商店街を歩いて、おいしいコーヒーを一杯
うわっ神戸牛のステーキかあ・・・✨

最後の怖い絵は
名前はレディ・ジェーン・グレイ、ヘンリー8世の姪で政争に巻き込まれ、9日間だけ王座につかされたあげくに処刑されてしまう悲劇の少女ですね。


2017年07月25日 00:46
こんばんは~
時々歩く町、元町・三宮センター街、
画像で見ると、いつも見ているのに懐かしさが加わります。
学生時代、映画館への待ち合わせ場所、
あまり知らなかった私、ウロウロと迷った場所でもあります。
ドンクの焼きたてパン、今はデパ地下に出店していますが、
その場所まで買いに行く素敵な商店街でした。



2017年07月25日 09:04
2年ほど前に南京町から居留地あたりを撮りに、
カメラクラブから行ったので、少し懐かしい場所もありますが、
神戸と言っても、レトロからモダンまで盛りだくさんですね。
歩く事により、新しい発見と出会いがあるので、
健脚のトンキチさんにはぴったりの街歩きですね。
神戸は大好きなので、また行ってみたくなりました。
2017年07月25日 09:29
【ゴンマック様】
おはようございます。
たまにこうして神戸の街を歩くと、店が入れ変わっていたり、イベント情報が入手できたりして面白いです。
ゆっくりとはいえ歩きますし、汗もかきますので、少しくらいは運動になっているでしょう。
また、違う場所を歩けば、情報発信したいですね。
2017年07月25日 09:49
神戸といえば、今風のお洒落なイメージ
ですが、歴史ある古い物が多く残る街
でもあるのですね。
日本最古の珈琲店、気になるぅ~(*^^*)
苦味のあるコーヒーは好みなので、
「麟太郎」飲んでみたいです。
2017年07月25日 10:15
【ちいかめ様】
おはようございます。
きれいな画像と言っていただき、ありがとうございます。
大きな商店街で、地区によって客足が異なりますが、たまにこうして面白い店があり、楽しめます(^^)
神戸の街歩き、大好きです!

最後の怖い絵のこと、ご教示いただいて嬉しく思います。
やはりあの女性処刑されてしまうのですか。
まさに怖い絵ですねぇ。
展覧会に行けば、こんな類の絵がたくさん展示されてるんですかね。
トンキチ
2017年07月25日 10:41
【つむぎ様】
おはようございます。
元町商店街や三宮センター街、普段よく見ていても、画像で見ると感覚が少し変わりますね。
つむぎさん、懐かしさが加わるんですか。
学生時代のエピソードなど、思い出がたくさん詰まった場所なんですね。
元町、三宮…いつまでも素敵な商店街であってほしいものです。
2017年07月25日 10:54
【つばさ様】
こんにちは。
かつて南京町から居留地あたり、いい写真が撮れたでしょうか。
レトロとモダン、神戸の特徴ですね。
たしかに、歩くことで、新しい発見や出会いがあります。
これが街歩きの醍醐味でしょうね。
私も神戸が大好きです。
また街の魅力を発信していきたいものです。
2017年07月25日 11:15
【ふーう様】
こんにちは。
神戸は、レトロとモダンの街ですね。
歴史ある古い物も多く残っている街です。
日本最古の珈琲店、歩いていて見つけましたよ。
苦味のあるコーヒーは好みとは、ふーうさん、なかなか通ですね!
「麟太郎」、面白いコーヒーです。
2017年07月25日 14:01
珈琲明治復刻ブレンド「麟太郎」
明治11年から飲み継がれているのですね
神戸元町商店街を散策
新しい発見があり楽しめますね
訪れた事がまだありませんが
何だかわくわくさせて頂きました
2017年07月25日 14:39
【ジュン様】
こんにちは。
石臼挽きの珈琲、明治復刻ブレンド「麟太郎」を今度飲みに行くときは、150年の歴史に思いを馳せながら飲むことにします。
神戸元町商店街などを散策すれば、新しい発見や出会いがありました。
また、何かワクワクするような発見などを求め、街歩きを楽しむことにいたします。
2017年07月25日 15:13
ゆったりとした気分での 散策は 思わぬ発見があって
面白く 楽しいですね。
雑然とした大阪 おしゃれな神戸 近いのに どうして
こんなに 雰囲気が違うのでしょうね。
私も ブラブラ 歩いてみたくなりました。
2017年07月25日 15:59
【フラバーバ様】
ゆったりとした気分って大事ですね。
余裕とも言えるかも知れませんね。
こうした気分での散策は、思わぬ発見があったりして、面白いものです。
コーヒーが大好きなので、日本最古のコーヒー店で、明治の味を楽しめて嬉しかったです。
京都、大阪、神戸、それぞれの街の雰囲気も違い、また特色もあって面白いと思います。
ぶらぶら街歩き、たまにはいいものです。
2017年07月25日 20:10
中華街は歩いた事があるけど、それ以外は、ほぼ知らない所。
神戸はレトロな建物が多いですが、和風のレトロって見た事がないんです。
亀井堂は、有名ですね。
って、「ブラタモリ」で、洋菓子の元祖って紹介されたので、記憶に残ってるんですが。(^^ゞ
古書店って、浮世絵や日本画名とが置いてるんですね。
ここ、面白そう。(^^)
走水神社の参道が、正に、都会の神社って感じですね。
ここの牛さん…
ちょっと変わった牛さんですね。(^^ゞ
何か、( i∇i)コワー

へぇー…ここ、西国街道になるんですか。
てくてくさんのシリーズ、又、読み返さなきゃ。(^^ゞ

通りから、ポートタワーが見れる場所があるんや。
街のシンボル、イイですね。

そして、偶然の日本最古の加琲店との出会い。
「麟太郎」は、「勝海舟」の事ですね。
当時ですと、ミルなんてなかったでしょうから、石臼曳き。
フィルターを使わないから、炊き出してたんでしょうねぇ…
今の厳選されたコーヒーの方が、絶対に美味しいと思うけど、これは、是非、味わってみたいコーヒーです。
場所は、よく解らないけど、探して、絶対に行ってみます。(^^)
ファミリアも見に行きたいし。(^^ゞ

最後の怖い絵、ちいかめさんが説明されてますが、先日TVで紹介してました。
斧なんですよねぇ…
なんでも、庶民は火刑で、貴族階級は斬首とか言ってました。
理由は、苦痛が少ないとか。
斬首も、日本は日本刀、中世ヨーロッパでも両刃の剣らしいですが、イギリスは斧やったそうです。
でも、斧って、一回で終わらない時は、何度もやり、それでもダメな時は、ナイフを使ったとか…
「怖い絵展」って、聞いた時、妖怪物かと思ったけど、この絵の歴史的背景を知ると、とっても、ゾゾ~ッとするみたいです。(^^)
2017年07月25日 21:29
こんばんは!
さすが歴史ある神戸ですね。
日本最古の珈琲店に興味津々です。
コーヒーの入れ方は小鍋にコーヒーの粉を入れて煮出すのでしょうか。
どこかの国で、カップの底に残った粉の模様で占いをするというのを聞いたことがあります。
珈琲の名前が「麟太郎」というのも面白いですね。
ゆったりと元町を歩くトンキチさんのワクワク感が伝わってきました。
2017年07月25日 21:41
こんばんは!
神戸の街歩き楽しそうですね。南京町は何度か行ったことがあります。
元町商店街が西国街道が通っていたんですね。歴史がありますね。
日本最古の加琲店は偶然だったのですね。「麟太郎」どんな味か飲んでみたいですね。
ブラブラ散策すると新しい発見もあって楽しいですね。
2017年07月25日 22:26
【yoppy702様】
元町界隈の観光なら、中華街は外せないですね。
元町商店街が神戸駅近くまで続いていても、西の方はさびれ感があり、全部歩く人は少ないです。
神戸はレトロな建物が多いです。
和風のレトロって、あ~亀井堂のような。
亀井堂は、昔から有名ですね。
この古書店、美人画とか風景画を店頭で販売していて、チラ見しただけですが、面白そうでした。(^^)
走水神社には初めて行きましたが、商店街からすぐでした。
ここの狛牛さん…たしかに怖い感じがありますね。
ここ、西国街道になるんですよね。
私も知りませんでした。
てくてくさんのシリーズ、また読みます!
通りからポートタワーが見れる場所があり、いい眺めでした。
そして、偶然、日本最古の加琲店を発見!!
「麟太郎」は、「勝海舟」のことですよね。
当時石臼挽きで、現在もこのコーヒーは石臼挽きとのこと。
フィルターを使わないから、飲んだ後、コーヒーカップの底に、黒いものが残っていました。
味は今のコーヒーの方が美味しいと思いますが、この明治の味は味わって損はありません。
ただ、店内は禁煙なので、入る前にニコチンを十分に摂取しておいてください。^_^
店の場所は、元町3丁目の元町商店街です。
大丸のところからアーケード街を神戸駅方面に5分くらいかな、歩けば、右手に日本茶の店と隣り合わせですのですぐに分かります。
店のHPがありますので参照してくださいね。
最後の怖い絵、ちいかめさんが説明してくれてましたが、先日TVでも紹介してたんですね。
yoppyさん、斧で斬首する具体例生々し過ぎ。(T_T)
だけど、こんな怖い絵をお金を払って見る価値があるかどうかですね。
怖いもの見たさという気持ちもあるにはありますが、微妙ですね。
トラウマになったらとの思いもありますので。(-.-;)
2017年07月25日 22:40
【うふふ様】
こんばんは!
日本最古の珈琲店に興味津々ですか。
石臼で挽いた豆をフィルターを使用せず、どうやって淹れてるんでしょうかね。
煮出すのでしょうね、たぶん。
「どこかの国で、カップの底に残った粉の模様で占いをする」ってことですが、麟太郎を飲んだ後、カップの底に黒いものが残っていましたよ。
珈琲の名前が「麟太郎」、明治復刻ブレンド。
面白いですね。
もう暑くてゆったりとしか歩けません。(笑)
ワクワク感が伝わり、嬉しい、嬉しい!!
2017年07月25日 22:53
【eko様】
こんばんは!
神戸の街歩き、思わぬ発見があり、楽しいです。
南京町は何度か来られたのですね。
元町商店街はこの南京町と接しています。
この商店街が西国街道とは知りませんでした。
歴史がある道ですが、商店街は西に向かうほどさびれ感がありますね。
日本最古の加琲店は偶然でした。
「麟太郎」は濃厚で苦味がありました。
飲み終えると、カップの底に黒いものが残っていました。
街をブラブラ散策すると、何か新しい発見もあったりして楽しいです!
2017年07月26日 01:51
商店街を歩いて新しい発見があったんですね

南京町には20年ぐらい前に一度だけ行ったことがあります(笑)
どのレストランで食べたのかは忘れちゃいました

映画館は私が見た映画のチラシが2つありました(笑)

神戸牛のランチを食べてみたいです
もちろん最古の珈琲もポットで飲んでみたいです
珈琲大好きなのでポットがあると嬉しいですね

とても興味深い商店街散策でした

2017年07月26日 06:43
【とまる様】
おはようございます。
こうしてたまに街歩きしてみると、新しい発見があったりして面白いですね。
南京町もたまに冷やかしで歩いたりします。
あの映画館、私は入ったことがないので、また機会があれば行ってみたいです。
神戸牛のランチなら、安くて美味しいのは、三宮のステーキランドですよ。
「麟太郎」、次はポットで飲んでみたいです。
私も珈琲大好きです。
2017年07月27日 22:26
「日本最古の珈琲店」という看板が、
歴史を感じさせていいですね。
フィルターを使わないと言われると、
ちょっとひるみますが、これはぜひ試して
みたいと思いました。西国街道が、
幅はそのままに商店街になってるという例、
ブラタモリにもありました。(尾道編だったか?)
最後の『怖い絵』シリーズ。中野京子さんの
原作を何冊か読んでます。本で取り上げられた絵が
何枚か来てるんでしょうか。夏らしい企画で面白そうですね。
2017年07月28日 06:36
【yasuhiko様】
おはようございます。
「日本最古の珈琲店」という看板を見て、最初ホントかなと疑いました。
昔絵図や明治時代の新聞、ネット検索により本物と判断しました。
明治復刻ブレンドの「麟太郎」が、フィルターを使わないと言われると、たしかにひるみましたが、味より試してみることに価値を感じました。
西国街道がそのまま商店街になってるという例、尾道ですか?、ブラタモリでやっていたのですね。
『怖い絵』について、中野京子さんの本は読んでいませんので、全く想像がつきません。
百聞は一見にしかずですかね、見に行くにこしたことありませんね。
2017年07月28日 14:15
 ご無沙汰しております。
 以前、神戸を舞台にしたお話を読んだ時も混乱したのですが、神戸と横浜・東京はなんだか同じ?名前の街が多いのでしょうか。いにゃかもののNyantaにとっては、????あれれ?神戸のことだよな?ん?・・・ってことに。
 『怖い』の意味もいろいろで、面白いと思いますが、この美術展だけは「説明を読まずに進んで好きな絵を探す」だけではダメかも~と思っております。
2017年07月28日 17:56
【Nyanta様】
こんにちは。
この記事は、神戸元町商店街にある日本最古のコーヒー店をメインに、その前後の街歩きを内容にしております。
したがって、終始、舞台は神戸です。(^^)
横浜にもたしか元町という同じ地名の街がありますので、混同されたんじゃありませんか。

【『怖い』の意味もいろいろで、この美術展だけは「説明を読まずに進んで好きな絵を探す」だけではダメかも~と思っております。】
この貴重なご意見を大いに参考にしたいと思います。
ありがとうございます!!
2017年07月29日 00:11
こんばんは♪

神戸はあこがれの街。"元町""三ノ宮"
これだけで素敵って思ってしまう私で
「日本最古の珈琲店」なんていう看板見たら
飛び込んじゃいます(笑)
味わって飲まれたんだろうな~って思いました。

商店街も昔からずっと営業してるような
味わいのある商店街ですね。
ぶらぶらと寄り道しながら歩いてみたいです。

酷使されてる牛さんに笑笑
食べられちゃうのにね~
最後の怖い絵展、確か・・東京でも開催されるような?
観たい、観たくない、考えちゃいますね。
ササッと、観て来ようかな(^^)
2017年07月29日 07:31
【とわ様】
おはようございます。
神戸にあこがれていただき、ありがとうございます。
「元町」「三宮」…これだけで素敵と思うなんて嬉しいですね。
「日本最古の珈琲店」の看板見たら卒倒するんじゃないですか(笑)
明治復刻ブレンドコーヒー「麟太郎」は、明治の味がしました(笑)
商店街は、三宮、元町から離れるほど寂れた印象ですが、細々営業を続けている店は何か持っているのでしょう。
こんな街をぶらぶらと寄り道しながら歩くのも楽しいものでした。
怖い絵展、東京でも開催されるのですか。
観たい、観たくない、考えましたが、観ての後悔と観なかった後悔と、同じことなら観ようかなと今は思ってます。
2017年07月29日 17:19
神戸は初のひとり旅で2014年にバスツアーでほんの数時間立ち寄っただけですが、街並みが素敵でいつかじっくり歩いてみたいところです。
やはり東京都内などとは違う趣があるように感じました。
神戸牛の牛さん、ホント疲れたお顔してますね(笑)
バスツアーでは神戸の後、六甲ガーデンテラスで夜景を見ながらステーキのディナーだったので、神戸牛を期待してたんですけど、お安いツアーだったんで神戸牛ではなかったのです次に神戸に行くことがあったら、是非神戸牛食べたいです。

日本人は明治時代に珈琲を飲み始めたんですね。
まず、美味しいと思ったひとはあまりいなかったように想像しますね。
私も初めて珈琲を飲んだ時は美味しさが少しもわかりませんでしたよ(笑)
最近はコンビニの100円珈琲もかなり美味しいし、珈琲専門店で珈琲を飲むことがめっきり無くなってますが、日本最古の珈琲は飲んでみたくなりました。
シングルとポットがあるんですか。100円の差ならポットの方がお得かな?
お値段は普通ですね。都内の小洒落た喫茶店なんかに間違って入ってしまって、珈琲1杯が800円とか1000円だったりするとガーンとなります
2017年07月29日 19:29
【karake様】
神戸には数年前バスツアーで来られたことがあったのですね。
街並みが素敵でいつかじっくり歩いてみたいとは嬉しいお言葉です。
神戸は、東京都内などとはたしかに街の雰囲気というか趣が異なりますね。
東京に最近出張しましたが、街並みや人の動きが整然としているのに対し、神戸はちょっと雑然とした感じがします。
バスツアーでは、六甲ガーデンテラスで夜景を見ながらステーキディナーとは、神戸牛じゃなくても十分じゃないですか。
またトンキチが代わりに舌のとろけるような神戸牛のステーキを食べるレポをお届けします。(^ ^)
次の機会には、是非神戸牛食べてくださいね。

明治時代に珈琲を飲み始めた日本人で、美味しいと思った人はあまりいなかったかも知れません。
珈琲を飲み始めたころ、ミルクと砂糖で味を誤魔化さないと飲めませんでした。
その後、殆どブラックになりましたが。

日本最古の珈琲は、麟太郎として復活し、濃厚でコクと苦味のある珈琲とのこと。
そして、フィルターを使わない…。
100円の差ならポットの方がお得でしたね。
お味は、美味しいというより、不味くないといった感じだったかな。
飲んだ後のカップ底に黒い残渣物がありました。
普段、ブルックスのコーヒーを飲んでます。
種類は、ヨーロピアン、モカ、ブラジル、グアテマラ、キリマンジャロ、コロンビアなど。
たぶん、ききコーヒーしても、ひとつも当たる自信がありません。(-.-;)
なのでコーヒーの味に音痴かも知れません。
2017年07月29日 22:16
「宮本むなし」で昼ご飯でしたか。
7月27日の岡山観光では、倉敷駅の近くに宮本むなしがあって、驚きました。
この元町商店街では良く利用します。
安くて美味しいですからね。

「明治維新開港当時関門跡」この地域が神戸で、当時の田舎を居留地に変貌させました。
以前にも書きましたが、新開地以西が兵庫でした。
高い土手の湊川が東西を隔てて、外国人とのトラブルを防止し、安全を確保していたんです。

はた珈琲店、中学時代に同級生のお父さんが経営していたお店です。
日本初のお店が沢山ある元町商店街ですが、
1883年(明治16)創業の柴田音吉洋服店は、日本人初のテーラーです。
商店街を舗装したのも、この元町商店街が最初だそうです。

日本最古のコーヒー店「放香堂」、有名ですよね。
私は紅茶派なので行きませんが、家内がコーヒー通なので、それで知りました。
「格別美味しいとまでは思わなかったが、まずいコーヒーではなかった。」
ごく普通でしたか^^;

スパイダーマンを発見!
次回は是非神戸牛を、召しあがって欲しいですね。
2017年07月30日 07:14
【アルクノ様】
おはようございます。
ちょうどお昼どきに元町6丁目の商店街に至ると、「宮本むなし」がありました。
宮本むなし自体久しぶりでしたが、安くて美味しく、元気が出ました。

「明治維新開港当時関門跡」など旧居留地の歴史を探訪するのも楽しそうですね。
はた珈琲店は、アルクノさんが中学時代の同級生のお父さんが経営していたお店なんですか。
今は同級生の方が跡を継いでらっしゃるんでしょうか。それとも、全く別の方の経営に変わってるんですか。
元町商店街は、珈琲以外にも日本初のお店があるのですね。
1883年(明治16)創業の柴田音吉洋服店は、日本人初のテーラーということで、次の機会にその佇まいをしかと確認することとします。
商店街を舗装したのも、この元町商店街が最初だとなれば、下を向いて何かその面影を探したいものです。

日本最古のコーヒー店「放香堂」、やはり有名でしたか。
私もコーヒー好きですが、味はなかなか伝えられません。
再訪したいと思います。

安くて美味しい神戸牛を食べさせるのは、三宮のステーキランドでしょうね。
高級店は数あれど、庶民的値段であれほど旨いステーキを食べさせる店はちょっとないですね。
2017年08月03日 07:23
日本で一番はじめに出店した珈琲店ですか・・
神戸は大好きなものが見えています。
行ってみたいですね・・
現役時代は出張に出かけることがあっても街をブラブラすることはなかっので、残念です。
良い得がたくさんあるだろうなぁ~
そして木版画・・いいなぁ~
2017年08月03日 08:37
【夕焼け様】
おはようございます。
日本最古のコーヒー店の明治復刻ブレンド…もう一度あの味を受け止めたく、再訪したいなと思いますね。
現役時代、神戸に出張されたことがおありなんですね。
雑然とした印象の街ですが、それなりにいいものがありますので、また、レポしたいです。
コメントありがとうございます。(^^)
2017年08月05日 10:55
元町商店街、歴史のある商店街なんで、色々と面白いお店ありますねぇ。
古書・額縁・喫茶・陶器・映画館などなど・・・
アッ、放香堂さん行かれましたか。当分、ご無沙汰ですが、良いですねぇ。
西国街道ブログ紹介して頂いて有難うございます。
・・・ですが、てくてくのは、商店街東半分は、中華街を通っていますし、絵も文もトンキチさんの方が詳しく丁寧に書かれているんで、てくてくなどは、とてもとても・・・
暑い所、元町探訪お疲れさまでした。
                                 てくてく

2017年08月05日 14:18
【てくてく様】
こんにちは。
神戸元町商店街、ホントに歴史のある商店街ですよね。
歩いていると色々と面白いお店があり、思わず吸い込まれてしまいます。
仰るように古書・額縁・喫茶・陶器・映画館・神社などなど・・・。
フラフラっと立ち寄ると、惹き込まれる魅力があります。
放香堂、これまで新聞とかに大きく取り上げられていたのですが、記憶に残っていませんでした。(-_-;)
明治復刻ブレンドの「麟太郎」、また味わいたいものです。
この通りが西国街道になっていること、ピンときませんでしたが、説明文を読んでなるほどと思いました。
私も以前西国街道を歩いてみようと三宮から西宮市内まで歩いたのですが、続きませんでした。
最近も宝殿から土山まで歩きましたが、無計画なので後が続かないです。
計画性と強い意思力が必要になりますね。
体力はもちろんですが。
またいずれ再考。再計画してチャレンジしたいものです。

この記事へのトラックバック

2019年08月
            1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

最近のコメント

最近の記事

過去ログ

テーマ別記事